タケダ健康サイトホーム > 2016年 花粉症特集

2016年 花粉症特集

2016年の花粉の飛散数予測!

飛散数予測

2016年春のスギ+ヒノキ(北海道はシラカバ)の飛散数は、東北地方のほとんどの所では例年並みかやや多いという予測になっていますが、そのほかの地域では例年並みか例年を下回る見込みです。四国地方や九州地方では非常に少ない所もあるでしょう。
前シーズン(2015年)の飛散数に比べると、九州・四国・中国・東海・関東甲信地方では前シーズン並み以上の飛散となる見込みです。九州・東海地方では2倍以上の花粉が飛ぶ所もあるでしょう。近畿・北陸・東北地方では、やや少ない飛散となる見込みです。北海道のシラカバ花粉は、例年に比べると非常に少なく、前シーズンと比較するとやや少ない見込みです。

花粉飛散数(花芽の形成)は、前年の夏の気温が高く、また日照時間が長いと多くなります。逆に気温が低く、日照時間が短いと少なくなります。2015年の夏は、北・東日本と西日本で天候が分かれました。気温は、7月下旬から8月上旬にかけて太平洋高気圧の張り出しが強まった東北地方、関東甲信地方で平年より高くなりました。一方、前線や台風、南からの湿った空気の影響を受けやすかった近畿地方から西の地域では平年より低く、西日本は2年連続の冷夏となりました。気温の高い時期と低い時期があった北陸・東海地方では平年並みでした。日照時間は、北海道や東北地方、北陸地方、関東甲信地方はほぼ平年並みで、東海地方から西の地域では少なく、西日本太平洋側では特に少なくなりました。降水量は、北海道や東北・北陸地方は平年並みか少なく、そのほかは平年並みか多く、西日本太平洋側ではかなり多くなりました。
西日本では昨年同様、低温・日照不足・多雨となり、花芽が多く形成される条件は揃いませんでしたが、2015年の花粉飛散数が非常に少なかったことから、2015年に比べると飛散数が増える見込みです。

花粉を寄せ付けない!花粉症対策ご紹介

花粉症用マスクの効果は?

花粉症対策としてマスクを使用されている方、多いのではないでしょうか?
マスクを使用することで、吸いこむ花粉の量を約1/3~1/6に減らすことができるといわれており、特に鼻の症状が気になる方におすすめです。
また、花粉が飛び始める前からマスクをする事で、花粉症の発症を抑えることも期待できます。
早め早めのケアで、花粉シーズンをのりきりましょう!

上手な洋服選びが、花粉を寄せ付けない?

花粉症対策の第一歩は、まず「花粉を寄せ付けない」。
じつは、外出するときの洋服によって、家に持ち込んでしまう花粉の量に違いが出る事をご存じですか?
一般にウールなどの素材は花粉が付着しやすく、綿や化学繊維などは付着しにくいと言われています。
春先用の洋服選びに、覚えておくと便利かもしれませんね。
花粉が付着しやすい:ウール 花粉が付着しにくい:綿 化学繊維

上手な換気で、花粉を減らせる?

1000万個、これは何の数だかわかりますか?
花粉飛散時期に1時間換気した際に、部屋に入ってくる花粉の数がこれぐらいだといわれています。(3LDKマンション一戸の場合)
換気のコツは開窓の幅を10cm程度にすることと、レースのカーテンを使用すること。これで侵入する花粉を約1/4に減らすことができるそうです。
また、換気時間を短くしたり、こまめな掃除にも気をつかいましょう。

目がかゆくなる前に一工夫!

花粉を寄せ付けない工夫に「メガネ」があります。効果の高い花粉症用メガネもありますが、通常のメガネでも何もしないときに比べて目に入る花粉の量を約1/3に抑えるといわれています。
また、花粉症の症状があるときのコンタクトレンズには要注意。コンタクトレンズによる刺激がアレルギー性結膜炎を悪くしてしまう事もあるんです。
花粉のシーズン、気分転換も兼ねてメガネをかけてみてはいかがですか?

カゼだけじゃない、「うがい」を習慣づけて!

外出から帰ってまず行う花粉対策、おすすめは「うがい」です。
花粉時期になるとのどがイガイガする、こんな経験はありませんか?
鼻から吸い込んで奥に付着した花粉は、粘膜の働きでのどの方へと送られます。
かぜのシーズンだけでなく、「家に帰ったらガラガラうがい」の習慣を続けて、のどの花粉を洗い流しましょう。

参考:環境省 花粉症環境保健マニュアル2009

花粉症の時期を賢く乗り切ろう!花粉症に関するお役立ち情報

ベンザ鼻炎サイト
花粉症 知っておきたい予防と治療の知識

ベンザ鼻炎サイト 花粉症 知っておきたい予防と治療の知識

花粉症の基礎知識をはじめ、予防法や対処法をご紹介します。花粉の時期を少しでも快適に過ごせるよう対策をしましょう。

症状・疾患ナビ『花粉症』

ベンザ鼻炎サイト<br />   花粉症 知っておきたい予防と治療の知識

花粉症の症状に関する情報をはじめ、花粉を上手に回避できているかの「セルフチェック」など、便利なコンテンツをご用意しています。
ベンザ鼻炎薬α<1日2回タイプ>
ベンザ鼻炎薬α<1日2回タイプ>
花粉・ハウスダストによるアレルギー性鼻炎などの鼻水・鼻づまり・のどの痛みに1日2回タイプのカプレット
ベンザ鼻炎スプレー
ベンザ鼻炎スプレー
花粉・ハウスダストによるアレルギー性鼻炎などの鼻づまり・鼻水に早めに効くスプレータイプの点鼻薬
マイティアアルピタットEXα
マイティアアルピタットEXα
花粉などによるガマンできない目のかゆみに効く、抗ヒスタミン成分2倍に増量
※当社従来品比較<クールタイプ>
マイティアアルピタット<sub>N</sub>EXα
マイティアアルピタットNEXα
花粉などによるガマンできない目のかゆみに効く、抗ヒスタミン成分2倍に増量
※当社従来品比較<やさしいさし心地>
マイティアアイテクトアルピタット
マイティアアイテクトアルピタット
花粉などによるつらい目のかゆみ・異物感に効く <クールタイプ>
マイティアアイテクトアルピタットN
マイティアアイテクトアルピタットN
花粉などによるつらい目のかゆみ・異物感に効く <やさしいさし心地>
アネトンアルメディ鼻炎錠
アネトン アルメディ鼻炎錠
口がかわきにくいタイプの鼻炎内服薬
コールタイジン点鼻液a
コールタイジン点鼻液a
効果が長く続く、ステロイドと血管収縮剤配合の点鼻薬

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 風邪・インフルエンザ
  • 肌のトラブル

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

このページの先頭へ