涙目

涙は目の涙腺から分泌される体液で、目を乾燥などから守る役割を果たしています。しかし、目が過剰な涙で常に潤んでいたり、涙が流れ出て止まらないようなときは疾患が疑われます。

この症状疾患に関連する製品

  • 涙目について

日常生活から考えられる原因

01目への異物の混入

目にホコリなどが入ったときに涙が出るのは、異物を排除しようとする体の防御反応です。逆さまつ毛のように常に目に異物が触れていると、涙の分泌が増えるために、常に目が潤んでいるような状態になります。とくに、赤ちゃんは逆さまつ毛になりやすいので、目をかゆそうにこすっていないか、目が潤んでいないかなど注意してあげる必要があります。

02花粉やハウスダストなどのアレルギー

目の結膜が、花粉やハウスダストなどのアレルギー物質の刺激を受けてアレルギー反応を起こし、涙が必要以上に出ます。花粉など決まった季節にあらわれるものと、ダニなどのハウスダストによって1年中症状が続くものとがあります。

03目の乾燥

パソコンを長時間使ったときや、冷たい風に顔がさらされたときなど、目が乾燥しているはずなのに涙が止まらなくなることがあります。これは、目の表面が乾燥によって刺激され、涙の分泌が増えているためです。

04涙目の原因となる主な疾患

ウイルスや細菌の感染、アレルギーによって起こる結膜炎では、涙や強いかゆみに悩まされることがあります。また、鼻涙管(びるいかん)閉塞や鼻涙管狭窄(きょうさく)のように涙の通り道がふさがったり、狭くなったりした場合、あるいはそのふさがった部分が細菌に感染する涙嚢(るいのう)炎の場合には、涙があふれ出て止まらない状態になります。また、顔面神経麻痺によっても涙の分泌が過剰になることがあります。

涙目をともなう疾患

01細菌性結膜炎

結膜炎は一般的に、充血、目やに、かゆみ、涙目、ゴロゴロする異物感などの症状があらわれます。黄色ブドウ球菌などに感染して起きる細菌性結膜炎は、黄色い膿のような目やにが特徴です。感染力は強くありませんが、抵抗力が弱い高齢者や乳幼児などでは慢性化することがあります。

02ウイルス性結膜炎(はやり目)

アデノウイルスなどに感染して起きるウイルス性結膜炎は、まぶたが腫れて充血し、目やにや涙がたくさん出たりする他、耳の前にあるリンパ節にしこりができることもあります。また、同じアデノウイルスが原因となる咽頭結膜熱(プール熱)は、目のかゆみとのどの痛みや発熱、だるさ、吐き気、下痢などの全身の症状をともないます。

03アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、アレルギーの原因となる異物が結膜に入ることで目に充血や強いかゆみが起きて、涙や白い糸をひくような目やにが出ます。さらに結膜がむくんで白目の部分がブヨブヨと柔らかくなることもあります。ハウスダストが原因の通年性のものとスギなどの花粉が原因の季節性のものがあり、最近ではコンタクトレンズの汚れがアレルギーの原因になることもわかってきました。

04鼻涙管(びるいかん)閉塞、鼻涙管狭窄(きょうさく)

涙は目から出て、まぶたの内側にある涙点に入り、涙道を通って鼻腔に流れ込んでいきます。この涙道が風邪や副鼻腔炎(畜膿症)の炎症によって狭くなったり、鼻の手術の後遺症などで塞がってしまうと、いつも目が潤んでいたり、涙があふれてハンカチが手放せないような状態になります。

05涙嚢(るいのう)炎

涙の通り道である涙道が詰まって、涙道にある涙嚢という小さな袋が細菌感染を起こしたのが涙嚢炎です。鼻の辺りが腫れて痛みが生じ、目は充血して赤くなり、涙が止まらずに目やにが出ます。悪化すると熱が出たり顔の半分が腫れたり、目頭を押すと目から膿が出ることもあります。

06顔面神経麻痺

顔の筋肉を支配している顔面神経がおかされることによって、顔の片側に突然麻痺が起こり、まぶたが完全に閉じなくなったり、頬や口角がたれ下がってよだれが垂れるなどの状態になります。また、涙の分泌を促す神経に障害が起きると、涙の分泌が過剰になったり、逆に低下することもあります。脳出血などによる半身麻痺、帯状疱疹による神経の障害、極端に顔の片側だけを長時間冷やすことも顔面神経麻痺を起こす原因になります。

日常生活でできる予防法

01部屋をこまめに掃除し清潔に保つ

花粉、ハウスダスト対策は、部屋の掃除をこまめに行うことや風通しを良くすることが大切です。ただし、花粉を外から室内に持ち込まないためにも、花粉の時期に窓を開けたり洗濯物を外に干すことは避けましょう。ダニの繁殖を防ぐために、カーペットは敷くのを止めるか、こまめに掃除機をかけたり時々丸洗いをします。また、空気清浄機をかけることも、室内の花粉やハウスダストを取り除くことに効果があります。

02細菌やウイルスから目を守る

(1)手で目をこすらない、(2)帰宅後はよく手を洗う、(3)結膜炎にかかっている人とタオルは別々にする、(4)プールから出たらよく洗顔し、目薬をさすなどして、細菌やウイルスから目を守りましょう。

対処法

01市販の薬を使う

細菌性結膜炎には抗菌成分サルファ剤が配合された点眼薬、アレルギー性結膜炎にはアレルギー用点眼薬を使用するのが効果的です。目薬の種類は非常に多いので、薬剤師または登録販売者に相談して症状に合った目薬を選びましょう。

02病院で診察を受ける

常に目が潤んでいたり、涙があふれ出るようなときは眼科で診察を受けましょう。また、涙と同時に目のかゆみや鼻水に苦しんでいるときは、花粉やハウスダストによるアレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎の疑いがあります。そのとき、目よりも鼻の症状がつらいようなときは、耳鼻科を受診しましょう。

この症状疾患に関連する製品

プチメモ

泣いたときに鼻水が出るのはなぜ?

号泣したときに鼻水が大量に出て鼻をすすった…なんていう経験はありませんか?実はこの鼻水は、涙なのです。涙は目から出て、まぶたの内側にある涙点に入り、涙道を通って鼻腔に流れ込んでいきます。この涙は通常は鼻の内側を乾燥から守るために利用されるだけで、外に出てきたりはしませんが、大量に涙が出ると鼻からあふれて垂れてくるのです。

最新のブランド情報はこちら

CM情報

  • CM情報 最新CM公開中!

CMストーリーやCM撮影裏話などをお楽しみいただけます。

CM情報の一覧へ

CM情報

CM本編のムービーのほか、CMストーリーやCM撮影風景、タレントプロフィールもお楽しみいただけます。

お楽しみコンテンツ

ダウンロードコンテンツをはじめ、気軽にお楽しみいただけるコンテンツをご用意しています。

特集コンテンツ

健康に関する流行をはじめ、今、気になる情報をお届けします。

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 症状別対策BOOK 「水虫」
  • 肌のトラブル

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

Copyright © 2014 Takeda Pharmaceutical Company Limited. All rights reserved.

ページの先頭に戻る