• 症状別対策BOOK
  • 疲れの原因・解消法
  • ビタミン・ミネラル事典
  • 生薬・漢方薬事典
  • 身近な薬の活用ガイド

薬の上手な使い方

薬は正しく使ってこそ、その有効性が発揮されるものです。薬はそのために服用する量や時間、回数が決められています。服用法や副作用について理解を深め、上手に薬を使用しましょう。

薬を正しく使って効果を得るために、添付文書を活用しましょう

薬の服用量を守りましょう

薬の添付文書はよく読み、用法・用量は正しく守りましょう。自己判断で用法・用量を変えることは厳禁です。病気を早く治したいからと服用量を増やしたり、飲み忘れたからといってまとめて飲んだり…。これらは効果を得られないばかりか、副作用を引き起こすことにもつながります。

添付文書について

添付文書には、大切なことが記載されています。薬を使い切るまで、捨てたりせずに大切に保管しましょう。
※添付文書の各エリアを拡大画像でご覧いただけます。画像の上にマウスカーソルをのせることで、エリアを指定しクリックしてください。

  • 添付文書 詳細1
  • 添付文書 詳細2
  • 添付文書 詳細3
  • 添付文書 詳細4
  • 添付文書 詳細5
  • 添付文書 詳細6
  • 添付文書 詳細7
  • 添付文書 詳細8

服用の時間と回数の目安は?

薬には必ず1日の服用回数や「食前」「食後」「食間」「就寝前」など服用タイミングについての表示があります。薬の効果が最も発揮できるよう、成分や目的によって服用回数、時間や間隔などが決められているのです。

≪服用回数の目安≫
1日1回  特に時間の指定がない場合は、自分で忘れにくい時間を決めて飲みましょう。
1日2回 服用の間隔は6時間程度は空けて飲みましょう。
1日3回 服用の間隔は少なくとも4時間以上は空けて飲みましょう。
≪服用時間の目安≫
食前 食事前の30分以内に飲みます。
食後 食後30分以内に飲みます。
食間 食事と食事の間、前の食事から2~3時間後に飲みます。
食事の最中と間違わないで!
就寝前 寝る30分~1時間前に飲みます。

服用はたっぷりの水か、ぬるめのお湯で

薬の添付文書に特別な指示がない限り、内服薬はコップ1杯分の水かぬるま湯で服用しましょう。
水以外で服用すると薬によっては成分の吸収を妨げたり、作用を低減させたり、逆に強めたりしてしまうことがあります。また、水なしで服用すると、のどや食道に薬がはり付き潰瘍を起こす場合もあります。ただし、チュアブル錠やトローチなど水なしで服用するものもあります。

<服用を避ける飲み物の例>
  • ■牛乳・・・一部の抗生物質を牛乳で飲むと牛乳のカルシウム成分が薬に結びついて、薬の成分を吸収しにくくします。
  • ■グレープフルーツジュース・・・高血圧症や狭心症の薬の一部にはグレープフルーツジュースで飲むと薬の効果が増幅される恐れがあることが分かっています。
  • ■アルコール・・・一般に、一部の医薬品の吸収や代謝を促進し、十分な薬の効果が得られなかったり、逆に効果が強く出過ぎることがあります。

薬の副作用が起きたら

薬を適正に使用していても、副作用は起こることがあります。発疹がでたり、コーヒー色の尿がでたり、発熱、息苦しさ、むくみ、めまい、視力の低下、だるさや食欲不振がひどくなるようなときには、重大な副作用の可能性があります。

その場合には、薬の使用をすぐに中止して医師や薬剤師に相談してください。医療機関を受診する際は添付文書を持って行き、いつ服用し、いつ症状が発現したかを伝えましょう。

また、医薬品を適正に使用したにもかかわらず、入院が必要になるほどの健康被害が発生した場合、経済的に救済する公的な制度があります。その制度を利用するには健康被害の診察・治療を行った医師から所定の書式で申請してもらう必要があります。
この制度を広く知っていただくために、OTC医薬品の外箱に問い合わせ先を表示するようになりました。

なお、医療用医薬品で起こった健康被害についても同じ制度で救済されますが、抗がん剤や免疫抑制剤など一部の医薬品による健康被害については救済されません。

詳しくは下記のお問合わせ先に連絡してください。

副作用被害救済制度のお問合わせ先
(独)医薬品医療機器総合機構

0120-149-931


パッケージにはお問合わせ先が
記載されています。

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る