• 症状別対策BOOK
  • 疲れの原因・解消法
  • ビタミン・ミネラル事典
  • タケダの生薬・漢方薬事典
  • 身近な薬の活用ガイド

「漢方」を知ろう ~入門篇~

症状や体質に合わせ、漢方薬を処方するのが「漢方医学」。まずは、「漢方医学」の考え方と、「漢方」についての基本的な知識を押さえておきましょう。

漢方医学はメイド・イン・ジャパン

漢方という名前は、それぞれ「漢」が“中国”、「方」が“治療法”をさしています。つまり、漢方とは “中国伝来の医学”という意味。その言葉の通り、中国から伝えられた医学をベースに日本人の体質や風土に合わせて独自で発展・進化をしたものが漢方です。そのため、中国に漢方というものは存在しません。漢方は、中国医学を基礎にして日本で独自に発展・進化した、メイド・イン・ジャパンの医学なのです。

漢方の特徴

漢方の基盤は、「人間の体も自然の一部」「人間は大自然の中のひとつの小宇宙」という考え方にあります。つまり、人も自然も同じシステムで機能しており、全ては連動していると考えています。そのため、西洋医学と違って局所的な見方や考え方で治療を行いません。「病気ではなく病人を診る」漢方では、一部分だけを調べるのではなく、原因や症状、体質など、全身の状態を総合的にとらえて治療を行います。

西洋医学との違い

西洋医学では、病気になると、まず体のどの“部分”に障害が起こっているのかを調べます。そして、その調子の悪い“部品”を改善したり、取り除こうとするのが西洋医学の治療法です。例えるなら、西洋医学の治療法は“車の修理”に似ています。しかし、こうした治療法がもっとも実用的だったのは急性疾患や外傷が多かった時代のこと。戦争による傷や病原菌に対しては、部品修理やパーツ交換のような局所的な治療を行う西洋医学の方が、即効性があり高く評価をされていました。しかし、時代の経過とともに、大きく様変わりするライフスタイルに合った医療が求められるようになりました。慢性疾患や生活習慣病、そしてストレスなどさまざまな要因が複雑に絡み合って生じる疾患は、ピンポイントでどこか一部分だけを治せば良いという疾患ではありません。必要なのは、体質や生活習慣なども含めて全体のバランスを見直し、整えていく治療であり、それが漢方医学の考え方。今、改めて漢方のチカラが見直されている理由は時代のニーズにもあるのです。

漢方薬は天然の有効成分で作られている

現在使用されている漢方薬のほとんどは、2種類以上の「生薬」を組み合わせて作られています。「生薬」とは、植物の茎や根、貝殻や鉱物など薬効成分をもった自然素材のこと。漢方では、これら自然素材を蒸したり、塩水に浸して干したり乾燥させて使用しています。

漢方薬と民間薬の違い

漢方では、植物や動物といった自然の素材で作られた漢方薬を、服用したり、塗り薬にして治療を行います。そのため、しばしば民間薬と混同されることがあります。しかしこの2つは、基本的に全く違うもの。さらに、使用する素材によっては相互作用を起こす場合もありますので、漢方薬と民間薬の併用はなるべく避けるようにしましょう。

漢方薬

  • 医学的に認められた薬。
  • 数種類の生薬を組み合わせて作られるためさまざまな症状に作用する。

民間薬

  • 学術的な根拠のないものも含まれ、服用方法や量などに地域差がある。
  • ひとつの素材で作られ、ハーブやアロエ、ドクダミ、杜仲のような昔から体によいと言い伝えられてきたもの。

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る