タケダの生薬・漢方薬事典

生薬図鑑

タケダの漢方製剤や生薬製剤で使用している生薬一覧です。生薬の基源や効能、それぞれの生薬にまつわるこぼれ話などを詳しくご案内しています。個々の生薬について知りたいときなどにぜひご活用ください。

「杜仲茶」誕生の立役者はウナギだった!

杜仲トチュウ

トチュウ科トチュウの樹皮を乾燥したもの。

植物の特徴

高さが15~20mに達する落葉高木です。葉は楕円形で、花は緑色がかかった白色です。樹皮や葉、果実など折ると白いゴム状の糸を引きます。生薬には、乾燥させた樹皮を用います。

生育地

中国

この生薬の特性

五気(薬性)

おん

五味

かん

しん

強壮や滋養作用と鎮痛作用を持ちます。

効能

血圧降下、抗ストレス、利尿、糖代謝の改善、虚弱体質改善などに効果があります。

こんな症状に

A

  • 腎虚(内分泌系や免疫機能など全般の機能低下)

B

  • 胎動流産

C

  • 腰膝の疼痛
  • 妊婦の腰重
  • 足膝軟弱

成分組成

樹皮や葉、果実などにグッタペルカを含む他、リグナン類のピノレジノール、イリドイドのゲニポサイド、ゲニポサイド酸、リグナン類のシリンガレジノールなどを含有しています。

この生薬が含まれている漢方処方

  • 杜仲丸(とちゅうがん)
  • 十補丸(じゅうほがん)
  • 大防風湯(だいぼうふうとう)
  • 千金保孕丸(せんきんほようがん)

など

その他の生薬をチェック