タケダの生薬・漢方薬事典

生薬図鑑

タケダの漢方製剤や生薬製剤で使用している生薬一覧です。生薬の基源や効能、それぞれの生薬にまつわるこぼれ話などを詳しくご案内しています。個々の生薬について知りたいときなどにぜひご活用ください。

「イバラの道」の語源

大棗タイソウ

クロウメモドキ科ナツメの果実を乾燥したもの。

植物の特徴

高さ10mほどの落葉小高木で、特に黄土の乾燥地帯でよく生育します。葉は長さ2~4cmの卵形で光沢があり、5~7月頃に黄緑色の小さな花をつけます。果実は球形あるいは長さ2cmほどの長楕円形。秋に熟すと赤黒くなり、中には堅い両端の尖った種子1個があります。生薬としては、クロウメモドキ科ナツメの果実を乾燥したものを用います。

生育地

南欧からアジア東南部にかけて分布しています。

この生薬の特性

五気(薬性)

おん

五味

かん

体を温め、
緊張を緩和させる作用をもちます。
下痢で傷ついた消化管を補修し、
また興奮した腸の動きを抑制することで腹痛を緩和させます。

効能

強壮、利尿、矯味(きょうみ)などに効果があります。

こんな症状に

A

胃腸機能が低下している人の

  • 腹部膨満感
  • 消化不良を伴う胃腸疾患
  • 感昌による下痢

全身

胃腸機能が低下している人の

  • 発熱と悪寒が交互にあるような症状

成分組成

ブドウ糖、果糖などのほか、中性のアラビナン系あるいは酸性のペクチン質などの多糖類粘液を多量に含有。さらにイソキノリン、五環のトリテルペノイド化合物としてウルソール酸、オレアノール酸なども含まれています。

この生薬が含まれている漢方処方

  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  • 甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)
  • 平胃散(へいいさん)
  • 苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)
  • 小柴胡湯(しょうさいことう)
  • 桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
  • 黄芩湯(おうごんとう)
  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

など

その他の生薬をチェック