タケダの生薬・漢方薬事典

生薬図鑑

タケダの漢方製剤や生薬製剤で使用している生薬一覧です。生薬の基源や効能、それぞれの生薬にまつわるこぼれ話などを詳しくご案内しています。個々の生薬について知りたいときなどにぜひご活用ください。

生薬の世界のお局様

地黄ジオウ

ゴマノハグサ科ジオウ属植物の根茎。生のままを「鮮地黄」、そのまま乾燥させたものを「乾地黄」、蒸してから乾燥したものを「熟地黄」という。

植物の特徴

中国北部原産の多年草です。地下茎は太く赤褐色で、横にはうように伸びます。初夏に15~20cmの茎を出し、茎の先に筒状の形をした大きな赤紫色の花を数個つけます。生薬の「鮮地黄」には生のままの根茎を、「乾地黄」には乾燥させた根茎を、「熟地黄」には蒸してから乾燥させた根茎を用います。

生育地

中国、日本などに生息しています。国内では、奈良県でわずかに栽培されています。

この生薬の特性

五気(薬性)

かん

五味

かん

血中の熱を除去したり、
血を補う作用があります。

効能

補血(ほけつ)、強壮、止血、滋潤(じじゅん)などに効果があります。

こんな症状に

A

  • 白内障

B

  • 心悸亢進

C

  • 腰痛

D

  • 頻尿
  • 尿量異常
  • 痔疾
  • 排尿困難

全身

  • 全身倦怠感
  • 盗汗(寝汗)
  • 不整脈
  • 糖尿病

成分組成

主成分はカタルポールのほか、数種のイリドイド配糖体です。その他、マンニノトリオース、ラフィノース、スタキオースなど8種の糖類やマンニトール、アルギニンなど10数種のアミノ酸、リン酸類などが含まれています。

この生薬が含まれている漢方処方

  • 連珠飲(れんじゅいん)
  • 潤腸湯(じゅんちょうとう)
  • 温清飲(うんせいいん)
  • 芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)
  • 八味丸(はちみがん)
  • 六味地黄丸(ろくみじおうがん)
  • 炙甘草湯(しゃかんぞうとう)
  • 四物湯(しもつとう)
  • 当帰六黄湯(とうきりくおうとう)

など

その他の生薬をチェック