ニッポン健康大調査

特集「今年も花粉がやって来る!」どうする?今年の花粉症対策

健康調査報告 突撃!健康調査隊 編集後記

健康調査報告

鼻水・鼻づまり、くしゃみに目のかゆみ ついに到来する花粉症の季節!どう乗り切る?

あなたは花粉症ですか?併せて対処法のアンケートも実施

春先に日本人を悩ます「花粉症」。2011年1月にアンケート『あなたは花粉症ですか?』を実施したところ、約75%が「花粉症」を患っており、約35%が「重度の花粉症」に悩んでいる結果となった(全回答数の割合)。
一般財団法人 日本気象協会の調査によると、2011年の花粉飛散量は、全国的に例年並みから、やや多い予測。

毎年「花粉症」に悩まされている方はもちろん、これまで「花粉症」に縁が無い方も、症状を発症させないように、対策や予備知識を身につけておく必要がありそうだ。

花粉症のつらい症状、注目は3位の「のどの痛み・イガイガ」

同時に実施した、『花粉症で、とくにつらい症状は?』という4択のアンケートでは、1位が「鼻水・鼻づまり」、2位が「目のかゆみ」、続いて3位は「のどの痛み・イガイガ」という結果になった(4位は「くしゃみ」)。
特に興味深いのは、「くしゃみ」よりも「のどの痛み・イガイガ」の回答数が多かったこと。「花粉症」と言えば「鼻水・鼻づまり」が代表的な症状として挙げられるが、「のどの痛み・イガイガ」が「花粉症」の症状であると認識している人は、そこまで多くないのではないだろうか?

風邪も流行する時期だけに、「花粉症」でありながら、「のどの痛み・イガイガ」を風邪の症状と勘違いしている方も少なくないのでは。

風邪の症状にもある「のどの痛み・イガイガ」。春先に起こるこの症状は、「花粉症」の可能性も。

ベンザ鼻炎 花粉症の知識と対処法をご紹介!「花粉症‐知っておきたい予防と治療の知識‐」

花粉症対策は、病院派と市販薬派で分かれる!

花粉症対策としてマスクやメガネを着用しても、なかなか避けられない「花粉症」。『あなたの花粉症対策は?』というアンケートに対して、「病院」と「市販薬」が断トツで票を分けた(他、「マスク」、「その他(フリーワード)」。
一時的な「風邪」の症状とは異なり、長期的に仕事や私生活にも影響を与えてしまう「花粉症」。専門医に相談しながら、できるだけ症状を軽減・改善させたいという方も多いだろう。「重度の花粉症」を選択した回答者は、対策に「病院」を選択した方が多かった。

一方、「市販薬」を選択した方も多い。
点眼薬や鼻炎用薬でも、花粉・ハウスダストなどによる症状に効く市販薬があるので、製品パッケージの「効果・効能」欄を確認して、自分の症状に合わせた薬選びで「花粉症」の季節を乗り越えたい。

(アンケート:2011年1月 武田薬品工業調べ)

内服薬や点鼻薬、点眼薬など、多様な市販薬から、自分に合った製品を選びたい。

突撃!健康調査隊

街ゆくみなさんに聞きました!「あなたは花粉症ですか?」

花粉症について、症状の度合いや、その対処法など、街頭にて街ゆくみんなを突撃取材。
花粉症と闘うみんなの声から、今まで知らなかった花粉症の対処法が発見できるかもしれない?

(撮影:2011年1月)

編集後記

その症状、花粉症かも?今年の花粉に要注意!

今回の調査では、ウェブサイトで約75%、街頭インタビューでは50%の方が、花粉症を患っている事が分かった。当調査に限ると、2人に1人が花粉症を患っていることになる。
花粉症の「特につらい症状」に関して、ウェブアンケートでの1位は、「鼻水・鼻づまり」。一方、街頭インタビューで多かったのは、「目のかゆみ」。「眼科で目薬を処方してもらい、つらい症状をしのいでいる」という声が目立った。また、「のどが痛い」、「耳の中まで痛い」など、風邪と間違えてしまいそうな症状に悩む方もいた。
日本気象協会の調べによると、今年の花粉の飛散量は、例年に比べ「多い」とのこと。のどの痛みなど、「風邪かな?」と感じる症状が長引く場合は、花粉症を疑っても大げさではないかもしれない?

(調査報告:2011年2月)

  • 花粉症の原因・対処法について、もっと詳しく 症状・疾患ナビ「花粉症」
  • 花粉症に関する気になる疑問にお答えします。症状別対策BOOK「花粉症Q&A」

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

このページの先頭へ