2019年 花粉症特集

2021年

花粉症特集

2020年9月30日発表

2021年 春の花粉飛散予測

■2021年シーズンの花粉飛散傾向

例年比
九州から東北にかけて広い範囲で例年より少ない見込みです。特に、九州と関東甲信は非常に少なく、近畿でも非常に少ない所があるでしょう。東海や北陸は例年よりやや少なく、北海道は例年並みの予想です。

前シーズン比
九州から東北南部にかけて、前シーズンに比べて多くなり、特に四国や東海、北陸を中心に非常に多い飛散量となる見込みです。東北北部と北海道では前シーズンより少なめとなる予想ですが、これは前シーズンの飛散量が例年より多かったためです。

2021年(例年比)花粉の飛ぶ量は? 2021年(前シーズン比)花粉の飛ぶ量は?

■飛散量の予測根拠

花粉の飛散量は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の飛散量が多くなるといわれています。
2020年の夏は、7月に活発な梅雨前線の影響を受け、「令和2年7月豪雨」など、東日本と西日本を中心に長期間にわたり大雨となりました。8月は一変して、太平洋高気圧に覆われて、東日本では厳しい暑さが続き、気温がかなり高くなりました。日照時間は、期間を通して全国的に平年並みとなりました。