睡眠時の無呼吸

鼻からのどにかけての気道が狭くなり、睡眠中に呼吸が止まる症状が睡眠時の無呼吸です。多くは肥満や体質が原因となりますが、まれに脳や神経の疾患が原因になることもあります。

この症状疾患に関連する製品

日常生活から考えられる原因

01肥満による気道の圧迫

睡眠時に無呼吸になる原因の多くは、肥満によるものです。肥満によって、のどの内側に脂肪がついて気道部分を圧迫し、狭くなった気道が睡眠時の無呼吸を引き起こします。

02体質的な変形

一般的にのどちんこと呼ばれる口蓋垂(こうがいすい)が大きい人や、鼻筋が曲がっている人、歯並びが悪い人は呼吸の際に空気の出入りがスムーズにいきにくく、睡眠時に無呼吸が起こりやすくなります。また、顔の骨格も大きく影響すると考えられており、欧米人に比べて顔が短く扁平である日本人は、痩せていても睡眠時の無呼吸を引き起こしやすいといわれています。

03深酒、喫煙による気道の収縮

アルコールによって舌やのどの筋肉がゆるんで気道が狭くなったり、気道の血管が拡張して粘膜が腫れることで睡眠時の無呼吸を引き起こすことがあります。また、タバコは気道周辺に炎症を起こし、気道を狭めるため睡眠時に無呼吸を引き起こしやすくなります。

04睡眠時の無呼吸の原因となる主な疾患

睡眠時の無呼吸の原因となる疾患で代表的なものは、気道が狭くなることによって起こる睡眠時無呼吸症候群(SAS)です。また、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などによって脳の神経に障害が起きると、睡眠中に呼吸が停止することもありますが、これも睡眠時無呼吸症候群の一つです。

睡眠時の無呼吸を引き起こす疾患

01睡眠時無呼吸症候群(SAS)

大きないびきをかき、1回10秒以上の呼吸停止をひと晩に30回以上引き起こす症状があらわれる状態を睡眠時無呼吸症候群といいます。また、呼吸をしていても酸素を吸いこんで吐き出す換気量が半減し、呼吸停止同様の症状が出ます。熟睡できないために睡眠時間を十分とっても疲れがとれない、だるさが残る、日中にあくびや居眠りをするなどで、日常生活に支障をきたす他、放置すると高血圧や糖尿病、心臓病、脳卒中の原因になることもあります。最大の原因である肥満を解消することで多くの場合は症状が改善します。※上記疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

日常生活でできる予防法

01肥満を解消する

肥満を解消するためには、なにより食事制限と運動が不可欠です。摂取エネルギーは標準体重×20kcal/日位にし、日常的な運動に取組みましょう。一駅手前でおりて目的地まで歩くなど、無理のない範囲で日常生活にウォーキングを取り入れるといいでしょう。少しずつ距離を増やし、最終的には1日1万歩。こんな目標を立てて取り組んでみましょう。

02アルコール、喫煙を控える

飲酒と喫煙は睡眠時の無呼吸と密接な関係にあります。飲みすぎは控え、適量のアルコールの場合でも飲んで2~3時間以内の就寝は控え、タバコは健康のためにも禁煙にチャレンジしてみましょう。

03気道を楽にする枕を選ぶ

気道を楽にするには、枕選びが大きなポイントになります。あおむけに寝る人はやや低め、横を向いて寝る人はやや高めの枕にすると、気道をふさぎにくくなります。また、眠りが浅いときのほうがいびきをかきやすいので、部屋の明るさや温度など、睡眠の環境を見直して深い眠りが得られる工夫をしましょう。

対処法

01病院で診察を受ける

睡眠時の無呼吸は、日中の眠気やだるさで日常生活に支障が出るだけではなく、心臓や血管に負担をかけ、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因にもなります。家族に睡眠時の無呼吸を指摘されたり、日中の眠気に悩んでいるようなときは、主治医に相談するか、呼吸器科や耳鼻咽喉科、内科、いびき外来で診察を受けましょう。

プチメモ

睡眠時無呼吸症候群が体に及ぼす影響

近年アメリカで行われた研究では、睡眠時無呼吸症候群の人は、正常な人と比べて糖尿病は1.5倍、高血圧は2倍、心疾患3倍、脳卒中に至ってはなんと4倍も発症リスクが高まるというデータがあるほど、生活習慣病と密接な関係にあります。さらに、交通事故にも大きく関わっており、飲酒している人より、重症の睡眠時無呼吸症候群の人の方がハンドルミスが多いというデータもあるほどです。「たかが睡眠」と甘く見ずに、異常に気がついたらすぐに病院で診察を受けましょう。

睡眠時の無呼吸は、自分では気がつきにくいものです。
セルフチェックで、睡眠時無呼吸症候群の可能性があるかどうか調べてみませんか?

セルフチェックをする

最新のブランド情報はこちら

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る