虫さされ

蚊(か)、ハチ、ブユ(地域によってはブヨ、ブト)、ガ、ノミ、ダニ、ケムシなどの昆虫に皮膚を刺され、毒性のある物質が体の中に入ることで、痛み、かゆみ、腫れなどの症状が起こります。これらの毒性物質によるアレルギー反応により、アナフィラキシーショックという全身のショック症状を引き起こすこともあります。

この症状疾患に関連する製品

  • 虫さされについて

日常生活から考えられる原因

01かゆみを引き起こす蚊など

蚊に刺されると、赤い腫れや小さなしこり、激しいかゆみがあらわれます。その他、かゆみを引き起こす虫には、ノミ、ダニ、ブユなどがいます。

02ショック症状を引き起こすハチなど

ハチやムカデ、クモに刺されると、腫れや鋭い痛みが起こります。また、一度これらの虫に刺されると、アレルギーを引き起こす抗体が体内に作られ、次に刺されるとアナフィラキシーショックと呼ばれる全身のじんましんや発熱、呼吸困難、血圧低下などのショック症状を引き起こす可能性があります。これらの重篤な症状はアレルギーによって起こるもので虫の大小とは無関係です。

03一度に数か所を刺すケムシ

ケムシは背中の毒針で刺します。一度に数か所を刺す上、針が服を通り抜けて露出していない部分も刺されることがあります。ケムシの中でもツバキやサザンカなどにつくチャドクガのケムシによる被害が一番多いといわれています。小さな赤い発疹ができて、ピリピリとした痛みが生じた後、強いかゆみが出ます。これらの症状にもアレルギー反応が関係しています。

04最近増えている南京虫(トコジラミ)

南京虫に刺されると、アレルギー反応も加わり、激しいかゆみが生じ、刺された痕は1~2週間以上残ります。布団やベッドに潜み、そこで被害を受けることが多くあります。また壁や畳、コンセントの隙間などに隠れていることもあります。

この症状疾患に関連する製品

日常生活でできる予防法

01蚊に刺されないために

屋外で蚊やブユに刺されないためには、できるだけ肌を露出しないことが大切です。また、携帯用蚊取り線香や虫除けスプレーを使うことで、虫さされをある程度防ぐことができます。

02ハチに刺されないために

スズメバチは黒いものに寄ってくる習性があります。黒い服は避けて、黒色以外の帽子をかぶりましょう。ハチを刺激する香水やキラキラ光るものはつけないこと、ハチの巣に近づかないことが大切です。追い払おうとすると、自分たちが襲われたと判断して攻撃してきます。ハチが去るのを静かに待ちましょう。

対処法

01蚊などに刺されたとき

かゆみを引き起こす虫に刺されたときは、すぐに市販のかゆみ止めを塗りましょう。かゆみがひどいときは、冷やすと楽になります。かゆいからといって、患部をかいてしまうと細菌に感染することもありますので、気をつけましょう。

02ハチに刺されたとき

すぐに患部を流水でよく洗いましょう。ハチの針が皮膚に残っている場合は、先の細いピンセットや毛抜きで取り除き、患部を冷やしながら病院に行きましょう。呼吸困難、めまい、意識障害等のアナフィラキシーショックと思われる症状があらわれた場合は、すぐに救急車を呼んでください。

03ケムシなどに刺されたとき

ケムシの毛が残っていたら粘着テープなどで取り除き、患部を強くこすらずに、石鹸で何度も洗い流します。市販のかゆみ止めをつけ、腫れや痛みがある場合は病院で診察を受けましょう。ムカデに刺されたときも、すぐに傷口を水で洗いましょう。

04病院で診察を受ける

強いかゆみが続くときや発熱、倦怠感をともなう場合は、主治医や皮膚科、アレルギー科で診察を受けましょう。

この症状疾患に関連する製品

プチメモ

虫さされにアンモニアは効かない?

古くから虫さされにはアンモニアが効くと思われていましたが、実はアンモニアが効果を発揮するのはアリの毒素(蟻酸)に対してだけです。
現在では肌にアンモニアをかけるのは、虫刺されに効果があるどころか、逆に接触性皮膚炎の原因となる可能性もあるといわれています。
尿にアンモニアが含まれていることから「ハチに刺されたらオシッコをかけるといい」とよくいわれますが、医学的な根拠はありません。刺されたときは、適切な応急手当をしましょう。

最新のブランド情報はこちら

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る