2018年 花粉症特集

2018年

花粉症特集

2018年1月30日新情報更新!

2018年の花粉の飛散量予測!

2018年春の花粉飛散予測は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。東北から中国、四国地方にかけて、前シーズン比で「非常に多い」飛散量の都道府県があり、注意が必要です。
一方、例年比でみると、東北と東海地方ではやや多く、特に青森県では「非常に多い」予想となっています。関東甲信、近畿、九州地方では例年並みとなるでしょう。北海道、北陸、中国、四国地方では例年を下回る見込みです。

前シーズン比 2018年の花粉の飛ぶ数は? 例年比 2018年の花粉の飛ぶ数は?

各地のピーク予測

スギ・ヒノキ花粉の飛散量がピークになる時期は下図のようになっています。
スギ花粉の東京でのピークは3月上旬から4月上旬となり、多く飛ぶ期間が長いでしょう。
スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉のピークが始まります。金沢と仙台は4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはないでしょう。

2018年 スギ・ヒノキ花粉のピーク予測 2018年 スギ・ヒノキ花粉のピーク予測

飛散開始時期

2018年春のスギ花粉の飛散開始は、例年並みとなるでしょう。2月上旬に九州や中国、四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンが始まる見込みです。
ただし、スギ花粉は飛散開始日※と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。
※飛散開始日:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日

2018年スギ花粉前線