ニッポン健康大調査

風邪に負けない毎日を。

日本人の“かぜ”との付き合い方とは?

健康調査報告書風邪の症状や、その対処法をWebで調査 今、日本人は風邪とどう付き合う?

Q. あなたの風邪はどこから?2010年12月 武田薬品工業調べ

Q. あなたの風邪はどこから?

あなたの風邪は、どこから? 「鼻」「のど」「熱」からアンケートを実施

2010年12月実施の風邪に関するアンケート『あなたのかぜは、どこから?』の結果を集計したところ、1位が「のど」(39%)、2位が「鼻」(29%)、3位が「熱」(24%)となり、その他の回答(5%)に「体のだるさ」や「腹痛」などが見られた。

全体の約4割の参加者が「のど」と回答するものの、3つの症状で均衡している結果となった。人それぞれ異なる風邪の症状。自分に合った予防や対処法を見つける必要がありそうだ。

病院ではなく、市販薬を利用するこも多い現代の日本人。自分の症状に合った、正しい薬の選び方が必要だ。
▲病院ではなく、市販薬を利用するこも多い現代の日本人。自分の症状に合った、正しい薬の選び方が必要だ。

みんなの風邪の対処法、市販薬が病院を上まわる

先のアンケートでは、同時に風邪の対処法についても調査。「市販薬」、「病院」、「その他」で回答を募集したところ、「市販薬」が「病院」を上まわった。また、数は少ないものの「その他」の回答のなかには、「たっぷりの睡眠」、「適度な運動」といった薬や治療には頼らず基礎体力を回復させたり、強気な意見も見ることができた。

病院ではなく、市販薬を利用するこも多い現代の日本人。自分の症状に合った、正しい薬の選び方が必要だ。
▲病院ではなく、市販薬を利用するこも多い現代の日本人。自分の症状に合った、正しい薬の選び方が必要だ。

忙しく毎日を過ごす現代の日本人。病院に行く時間がなくとも、市販薬の有効活用や自分なりの対処法を見つけながら、実践している姿を想像できる結果となった。 市販薬を活用する際は、自分の症状や使用方法を理解しながら、薬を選ぶ事が重要なポイントになりそうだ。

昔と現代に食文化の変化が?今、風邪のときに食べたいものとは

昔と現代に食文化の変化が?今、風邪のときに食べたいものとは

風邪をこじらせると、食欲が無くなったり、体が食事を受け付けないこともしばしば。

アンケートでは、そんな風邪のときに食べたい食事について、4択で投票してもらった(「おかゆ」、「果物」、「葛湯」、「その他」の4択)。

2位に倍の票数差をつけて、ダントツで1位だったのが「果物」。水分が摂れて食べやすく、ビタミンなど色々な栄養素を含んでいる多種の果物は、老若男女に人気を集めているようだ。

昔と現代に食文化の変化が?今、風邪のときに食べたいものとは
胃にやさしく、体も温まる「おかゆ」。季節の野菜を入れれば栄養価もアップ。ひとり暮らしでも案外かんたんに作れるのが魅力だが。
▲胃にやさしく、体も温まる「おかゆ」。季節の野菜を入れれば栄養価もアップ。ひとり暮らしでも案外かんたんに作れるのが魅力だが。

続いて2位は「その他」、早くも票が割れた。「のどあめ」や「熱いお茶」など、食事ではないが体を気遣ったものが目立ちつつも、「うどん」が最多数だった。消化がよく、体も温まるのが理由かもしれない。

胃にやさしく、体も温まる「おかゆ」。季節の野菜を入れれば栄養価もアップ。ひとり暮らしでも案外かんたんに作れるのが魅力だが。
▲胃にやさしく、体も温まる「おかゆ」。季節の野菜を入れれば栄養価もアップ。ひとり暮らしでも案外かんたんに作れるのが魅力だが。

しかし、同じく体を温めてくれる「おかゆ(3位)」と「葛湯(4位)」の票は伸びなかった。食事に選択肢が増えた現代。昔ながらの、風邪のときの定番メニューは、今や忘れられてしまったのだろうか?

(アンケート:2010年12月 武田薬品工業調べ)

ニッポン健康大調査TOPへ戻る