スコルバEX

  • 無色~微黄色の澄明な液体からなるエアゾール剤

本品には添付文書はついておりませんので、直接の容器の表示を掲載しています。

セルフメディケーション

  • 製品詳細
  • Q&A

効能

みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし

用法・用量

1日1回、適量を患部に噴射塗布してください。

用法・用量に関連する注意

  • (1)患部やその周囲が汚れたまま使用しないこと。
  • (2)目には入れないこと。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けること。
  • (3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
  • (4)外用にのみ使用すること。
  • (5)患部まで3cm以内の距離で噴射すること。
  • (6)同じ箇所に連続して1秒以上噴射しないこと。
  • (7)用法・用量を厳守すること。

必ずノズルを下に向けて使用すること

患部から3cm以内でボタンを押してください。強く押すと噴射は止まります(使いすぎ防止機能)。
〈お買い求め後、はじめてご使用の際は2回ボタンを押してください〉

成分

50mL中

成分 含量
ブテナフィン塩酸塩 100mg
クロタミトン 300mg
グリチルレチン酸 50mg
l-メントール 200mg
ベンザルコニウム塩化物 5mg
添加物:
ジイソプロパノールアミン、ミリスチン酸イソプロピル、プロピレングリコール、ラウリン酸マクロゴール、エタノール、LPG

成分に関連する注意

塗布時にしみることがある。

使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

  1. 次の人は使用しないこと
    本剤による過敏症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある人。
  2. 次の部位には使用しないこと
    • (1)目や目の周囲、顔面、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等。
    • (2)湿疹。
    • (3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部。

相談すること

  1. 次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
    • (1)医師の治療を受けている人。
    • (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
    • (3)乳幼児。
    • (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
    • (5)患部が広範囲の人、または、いんきんたむし等で内股に塗布する人。
    • (6)患部が化膿している人。
    • (7)「湿疹」か「みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人。(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い。)
  2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この容器を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
    • 皮膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、熱感、落屑、ただれ、水疱、乾燥感、ヒリヒリ感、亀裂
  3. 2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この容器を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

保管および取扱い上の注意

  • (1)直射日光の当たらない涼しい所に保管すること。
  • (2)小児の手の届かない所に保管すること。
  • (3)火気に近づけないこと。
  • (4)使用済みの容器は火中に投じないこと。
  • (5)捨てるときには、火気のない屋外で噴射音がしなくなるまでノズルを下に向けたままくり返し押して、ガスを抜くこと。
  • (6)本剤のついた手で、目や粘膜に触れないこと。
  • (7)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
  • (8)合成樹脂(スチロール等)を軟化したり、塗料を溶かしたりすることがあるので、床や家具等につかないようにすること。

治療に際しての注意

  • 患部は常に清潔にすること。
  • 汗をかいたあとや入浴後には、患部を十分に乾かすこと。
  • みずむしは、症状がなくなったあとも、1ヵ月間は根気よく治療を続けること。

火気と高温に注意

高圧ガスを使用した可燃性の製品であり、危険なため、下記の注意を守ること。

  • (1)炎や火気の近くで使用しないこと。
  • (2)火気を使用している室内で大量に使用しないこと。
  • (3)高温にすると破裂の危険があるため、直射日光の当たる所やストーブ、ファンヒーター等の近くなど温度が40度以上となる所に置かないこと。
  • (4)火の中に入れないこと。
  • (5)使い切って捨てること。

高圧ガス:LPガス

第一石油類(10mL)危険等級II(エタノール)

包装・価格

包装 メーカー希望小売価格
50mL 2,380円(税抜き)

医薬関係者向け情報

当社の学術情報の紹介や、製品の添付文書・説明文書がダウンロードできるページです。一般の方の閲覧を目的としたものではありません。

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る