第2類医薬品

漢方製剤<安中散>

タケダ漢方胃腸薬A末<分包>

漢方処方「安中散」の製剤で、神経性胃炎にすぐれた効果をあらわします。

Q01どのような特徴の製品ですか。

腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う、神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱にすぐれた効果をあらわします。

Q02「安中散(あんちゅうさん)」とはどのような漢方処方ですか。

中国宋時代の「太平恵民和剤局方(たいへいけいみんわざいきょくほう)」に記載されている漢方処方で、「安中散(あんちゅうさん)」とはおなか(中)を安ずるということを意味しています。弱った胃の働きを高めて、胃痛、食欲不振、胸やけなどに効果をあらわします。

Q03剤形はどのようなものがありますか。

錠剤(ビン入り)のタケダ漢方胃腸薬Aと末(細粒)のタケダ漢方胃腸薬A末<分包>があります。なお、末(細粒)であるタケダ漢方胃腸薬A末<分包>は分包になっており、携帯に便利です。

Q04なぜタケダ漢方胃腸薬A末〈分包〉という名前でしょうか。

安中散(あんちゅうさん)のイニシャルから「A」をとりました。

Q05何歳から服用できますか。

7歳から服用できます。小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させるようにしてください。

Q06効能にある「体力中等度」とは、どの位の体力ですか。

体力表記は、漢方の適応となる体質傾向を一般的に理解しやすい言葉で表したものです。「体力中等度」は、通常の生活をするのに差しさわりがない位の体力をあらわしますので、幅広い方が該当すると思われます。