第2類医薬品

口腔内崩壊タイプ 乗り物酔い用薬

タケダ乗り物酔い止め

お口の中でスーッと速やかに溶ける、口腔内崩壊タイプの錠剤(淡橙赤色のチュアブル錠)です。

Q01どのような特徴の製品ですか。

お口の中でスーッと速やかに溶ける、口腔内崩壊タイプの乗り物酔い用薬です。
塩酸メクリジンとスコポラミン臭化水素酸塩水和物の働きで、乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防と緩和にすぐれた効果があります。

Q02何歳から服用できますか。

7歳以上の方から服用いただけます。

Q03服用方法を教えてください。

乗り物酔いの予防には、乗り物に乗る30分前に、15歳以上の方は1回2錠(7歳~14歳の方は1回1錠)を、かむか、口の中で溶かして服用してください。4時間以上の間隔をおいて1日2回まで服用いただけます。

Q04「相談すること」に記載されている「フェニルケトン尿症」とはなんですか。

フェニルケトン尿症とは、新生児約7万人に1人の割合で発見される先天性疾患です。必須アミノ酸の1つであるフェニルアラニンの代謝異常症で、通常は、出生時の検査でわかり、食事療法等が必要です。フェニルケトン尿症の方が本剤を服用すると、本剤に含まれる添加物「アスパルテーム」が代謝できないことがあるため、医師または薬剤師に相談してください。

Q05このお薬をのんで便秘になったのですが大丈夫ですか。

このお薬には、消化管の運動を抑制する作用のあるスコポラミン臭化水素酸塩水和物が含まれていますので、便秘の症状があらわれる可能性があります。便秘の症状がひどいときは一旦服用を中止してください。服用を中止しても症状の改善がみられない時は医療機関を受診いただくことをおすすめします。