タケダ漢方便秘薬

  • 黄褐色の片面に割線の入った素錠
  • 1錠:0.25g/直径:9.6mm/厚さ:3.0mm

漢方処方で自然に近いお通じを タケダ漢方便秘薬サイトはこちら

  • 製品詳細
  • Q&A

特徴

  • タケダ漢方便秘薬は、生薬の“大黄”を主薬に“甘草”を配合した漢方処方「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」にもとづく製品で、大腸の運動をととのえ自然に近いお通じを促します。
  • おやすみ前におのみになると、翌朝には自然に近いおだやかなお通じが得られます。
  • 武田薬品が研究開発し、国内で栽培している「信州大黄」を用いています。
  • 甘草が信州大黄の作用を助け、おだやかな排便を促します。
  • 便秘に伴うお腹の張り(腹部膨満)・ふきでものなども緩和します。
  • 黄かっ色の割線の入った錠剤です。

効能

  • 便秘
  • 便秘に伴う腹部膨満・ふきでもの(にきび)・腸内異常醗酵・痔・頭重・のぼせ・湿疹・皮膚炎・食欲不振(食欲減退)などの症状の緩和

効能に関連する注意

体力に関わらず、使用できる。

用法・用量

次の量を1日1回、就寝前に水またはお湯で、かまずに服用すること。

年齢 軽い便秘
(2~3日便通がないとき)
頑固な便秘
(4日以上便通がないとき)
15歳以上 1錠~3錠 2錠~4錠
5歳~14歳 半錠~1錠半 1錠~2錠
5歳未満 服用しないこと

錠剤には割線が入っているので、便通の具合をみながら、半錠ないし1錠ずつ増量(上記の最大量まで)または減量すること。

用法・用量に関連する注意

  • (1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
  • (2)用法・用量を厳守すること。
  • (3)次の人は服用量を控えめにすること。体の衰弱している人、月経時の人
  • (4)初回は最少量を用いること。
  • (5)便通の改善がみられたら量を減らし、服用間隔をあけること。

成分

4錠(15歳以上の1日最大服用量)中に次の成分を含有する。

大黄甘草湯エキス散(金匱要略、26.7%量) 800mg
ダイオウ 1,067mg
カンゾウ 267mg
上記生薬より抽出
添加物:
無水ケイ酸、セルロース、カルメロースCa、ステアリン酸Mg

成分に関連する注意

  • (1)本剤の服用により尿が橙色ないし赤色をおびることがありますが、ダイオウによるものなので心配ありません。
  • (2)生薬を用いた製品なので、製品により錠剤の色調が多少異なることがありますが、効果にはかわりありません。

保管および取り扱い上の注意

ビン入り品、分包品について

  • (1)小児の手の届かない所に保管すること。
  • (2)使用期限の過ぎた製品は服用しないこと。

ビン入り品について

  • (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること 。
  • (2)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
  • (3)ビンの中の詰め物は、フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は、輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
  • (4)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
  • (5)箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入すること。
  • (6)一度開封した後は、品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。

分包品について

  • (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
  • (2)1包を分割して服用した残りは、袋の口を折り返して保管し、4日以内に服用すること。

包装・価格

包装 メーカー希望小売価格
[ビン入り品]65錠 1,380円(税抜き)
[ビン入り品]120錠 2,380円(税抜き)
[ビン入り品]180錠 3,280円(税抜き)
[分包品]12錠(4錠×3包) 400円(税抜き)

<便秘解消のアドバイス>

便秘を治したい方に:

便秘薬を長期間にわたって使用すると、しだいに量を増やさないと効きにくくなる傾向にあります。規則正しい排便の習慣をとりもどすため、次のことに注意しましょう。

  • 1. 排便の習慣をつけましょう。1日1回きまった時間(朝食後が最適)にトイレへ行きましょう。便意はがまんしないことです。
  • 2. 腹筋を強くしましょう。腹部マッサージ、体をねじる運動、水泳などで腹筋を強くして排便しやすくしましょう。
  • 3. 食事に注意しましょう。朝起きた時に、冷たい水や牛乳をのんだり、果物や野菜等せん維質の多い食品を多く食べて腸の運動を促しましょう。

PDF文書をご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。

医薬関係者向け情報

当社の学術情報の紹介や、製品の添付文書・説明文書がダウンロードできるページです。一般の方の閲覧を目的としたものではありません。

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る