井上修二 先生(いのうえ しゅうじ)

ビタミン博士としても知られる栄養学の世界的権威、医学博士、内科医です。病院の検査・分析の第一人者でもあります。

専門

肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症

永年にわたり国内外における肥満研究の発展に寄与され、現在も、自身が開発された視床下部破壊動物モデルによる消化管の細胞増殖等の研究に重点をおかれてご活躍中

現職

桐生大学学長・医療保健学部長、共立女子大学名誉教授、昭和大学医学部客員教授、聖マリアンナ医科大学客員教授、国立健康・栄養研究所客員研究員

学位

医学博士(東京大学、1972年授与)

略歴

1938年 群馬県生まれ

1972年 東京大学医学部医学科を卒業

所属学会

国際肥満研究連合(前副理事長、評議員、刊行委員、アジアオセアニア支部前理事長)、日本肥満学会名誉会員(元理事長)、日本臨床生理学会理事、日本体質医学会理事、日本栄養改善学会終身会員、日本糖尿病学会功労評議員、日本栄養・食糧学会評議員、日本臨床栄養学会評議員、日本動脈硬化学会功労評議員、日本内分泌学会功労評議員

賞罰

叙勲(瑞宝小綬賞)、日本肥満学会功労賞

著書

『最新 臨床栄養学:新ガイドライン対応』(光生館、2013)、『コンパクト内科学』(金芳堂、2009)、『集英新書 医師がすすめる男のダイエット』(集英社、2010)、『お医者さんが書いたダイエットの本』(保健同人社、1997)、『血糖値を下げる簡単メニュー』(成美堂出版、2000)、『コレステロールを減らす簡単メニュー』(成美堂出版、2003)、『中性脂肪を減らす簡単メニュー』(成美堂出版、2002)、『尿酸値を下げる簡単メニュー』(成美堂出版、2003)

その他、医学論文多数