タケダ健康サイトホーム > 症状・疾患ナビ > 頭痛(他疾患が原因である頭痛)

頭痛(他疾患が原因である頭痛)

痛みの原因が他の疾患にある頭痛です。脳の疾患の症状としてあらわれる頭痛のなかには、生命に関わる危険な頭痛もあります。頭痛が一度始まると持続的になり、痛みが激しくなる傾向があります。

この症状疾患に関連する製品

  • 頭痛(他疾患が原因である頭痛)について

頭痛をともなう疾患

01風邪、インフルエンザ

風邪をひくと、ウィルス感染によって鼻水やのどの痛みなどとともに、頭痛の症状があらわれることがあります。インフルエンザ感染では、高熱をともなうため、頭痛も強くなります。この疾患・症状に関連する情報はこちら。風邪(感冒)
インフルエンザ

02くも膜下出血

頭部の外傷や精神的、肉体的ストレスなどが引き金となって、脳細胞表面とくも膜の間に出血を引き起こし、殴られたような頭痛とともに、激しい吐き気や嘔吐の症状があらわれます。また、脳卒中の中で最も死亡率が高いといわれています。比較的若い人にも起こりやすいのですが、ピークは50~60代です。

03髄膜炎

細菌やウイルス、悪性腫瘍が脳の組織に広がることなどによって脳や脊髄を取り巻いている膜に炎症が生じ、首から後頭部にかけての強い痛みと、うなじ辺りのこわばり、発熱を引き起こします。頭を動かしたり、排便時などにいきむと、痛みが強くなります。治療が遅れると、脳に後遺症が残ることもあります。

04脳出血

脳内の血管が破れて、脳の中に大きな血液の塊ができます。それが脳を圧迫して、頭痛が徐々に強くなり、同時に意識が薄れ、吐き気や嘔吐、手足のしびれや感覚麻痺をともなうことがあります。

05脳腫瘍

頭蓋内の組織に、腫瘍ができて、頭の一部に鈍痛や重さを感じる程度から、嘔気・嘔吐をともなう激しい頭痛、視力低下、てんかん発作、手足の痙攣といった症状がみられます。頭痛は、朝起きてすぐが最も痛みが強いといわれています。

06慢性硬膜下血腫

頭部の打撲などが原因で、脳を守る硬膜と脳の間に徐々に血液が溜まり、大きな血液の塊ができます。それが脳を圧迫して、頭痛、嘔気、嘔吐、記憶力の低下、手足の麻痺や意識障害など、さまざまな病状を引き起こします。50歳以上の男性に起こりやすく、記憶力の低下を痴呆と間違える場合が多くあるといわれてます。※上記疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

対処法

01風邪による頭痛には、市販の薬を使う

風邪による頭痛には、鎮痛作用のあるイブプロフェンやアセトアミノフェン配合の総合風邪薬が有効です。

02激しい痛みをおぼえたらすぐ救急車を呼ぶ

クモ膜下出血や脳出血は命に関わる危険な頭痛です。痛み始めてから1時間の対処で、その後の生死が決まります。バットで殴られたような突然の激痛、激しい嘔吐などがあらわれたら、一分一秒でも早く病院へ行きましょう。ときに、意識を失うこともあるので、その場合は至急病院へ搬送しましょう。

03病院で診察を受ける

吐き気をともなう激しい頭痛、ときに意識障害や記憶障害など、よくある慢性頭痛とは違う症状がみられた場合、すぐに主治医に相談するか、神経内科、脳神経外科で診察を受けましょう。

プチメモ

頭痛は朝方に起こることが多い

朝は脳内圧が高まる関係で、頭痛が起こりやすくなります。
頭蓋内に腫瘍ができる脳腫瘍は、脳内圧の影響により嘔気、嘔吐、頭痛が激しくなりますし、片頭痛や群発頭痛も朝方に起こりやすいといわれています。
この他にも、朝に血圧の上がりやすい高血圧、夜に二酸化炭素蓄積が起こりやすい睡眠時無呼吸症候群、寝ている間に鼻水が溜まる蓄膿症など、朝方に頭痛を引き起こす疾患は数多くあります。

最新のブランド情報はこちら

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る