舌の痛み、あれ

舌が痛んだりあれたりする主な原因は口内炎です。また、口の中は不衛生な環境になりやすく、そのため細菌が繁殖し、舌が痛んだりあれたりすることがあります。

この症状疾患に関連する製品

  • 舌の痛み、あれについて

日常生活から考えられる原因

01口の中の汚れ

食べた後に歯磨きをしなかったり、あるいは歯磨きやすすぎが不十分だったりすると、舌の先にある割れ目の部分に食べカスなどの汚れが溜まり、そこに細菌が繁殖することがあります。細菌が繁殖すると舌が炎症を起こし、ピリピリと痛むようになります。

02合わない義歯などによる刺激

サイズの合わない義歯や入れ歯をしていたり、歯が大きかったり尖っていたり、食事やしゃべるたびに歯が舌に当たるようなことがあったりすると、舌が傷つけられて痛むことがあります。また、誤って舌を噛んだり、熱い物を食べたり飲んだりして舌をやけどすることでも痛みを生じることがあります。

03舌の痛みやあれを引き起こす主な疾患

最も一般的な口内炎はアフタ性口内炎で、主に口の中の傷ついた部分に細菌やウィルスが感染して起こります。カンジダ性口内炎は、カビの一種であるカンジダ菌の感染によって起こります。また、舌痛(ぜっつう)症、舌咽(ぜついん)神経痛でも舌に痛みがあらわれます。また、過労や風邪によって体調が悪化していると、舌についている白い舌苔(ぜったい)が多くなり、舌があれてザラザラとします。また、舌がんも舌の痛みを引き起こす原因になります。

この症状疾患に関連する製品

舌の痛み、あれを引き起こす疾患

01アフタ性口内炎

一般的によくみられる口の中の粘膜にできる白い口内炎です。口の中の傷ついた粘膜にウイルスや細菌が感染して起こります。また、疲れや精神的ストレスなども誘因になると考えられています。初めは粘膜に1、2個の米粒大の白いただれができ、その周囲が赤く腫れて痛みます。一度治まっても再発することが多く、再発性アフタともいわれます。

02カンジダ性口内炎

カビの一種であるカンジダ菌によって舌にできる口内炎です。舌の表面に白いブツブツがたくさんあらわれますが、痛みはほとんどありません。免疫力の弱い子どもや、糖尿病などで体の免疫力が低下している人がかかりやすいといわれています。再発を繰り返し慢性化すると治りにくくなります。

03舌痛(ぜっつう)症

見た目には変化がないのに、やけどをしたときのように舌や舌の先、ふちにヒリヒリ、ピリピリとした痛みを感じるのが舌痛症です。精神的ストレスをはじめ、ビタミンB12や鉄分などの栄養素の不足、口の中の乾燥、虫歯、歯周病、薬の副作用などが原因になると考えられています。

04舌咽(ぜついん)神経痛

のどの奥にある舌咽神経の異常によって発作的な痛みが起こる疾患です。あくびで口を大きく開けたときや酸味の強い物を食べたときなどに焼け付くような強い痛みや、電気が走るような鋭い痛みがのどや舌、耳の奥に瞬間的にあらわれます。痛みがのどの奥深くで起こるため、人によっては「あごの関節が痛い」と感じることもあります。※上記疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

日常生活でできる予防法

01口の中を清潔に保つ

細菌の繁殖を防ぐためには、毎食後に3分間ほど丁寧な歯磨きをして、口の中を清潔にしましょう。市販のうがい薬を使用するのもいいでしょう。また、舌苔は、舌を保護するためにある程度必要なものです。歯ブラシで舌を磨いて無理やり取ろうとするようなことはやめましょう。舌をケアするときは、舌用のタブレットや舌磨き専用のブラシを使うのがおすすめです。また、市販薬の洗口液で口の中を洗浄するのも効果的です。

対処法

01歯や義歯が舌に当たるようなときは歯科で処置を受ける

自分の歯や義歯が舌に当たって痛みが生じるときや、歯列矯正装置に違和感を感じるようなときは、歯科を受診して適切な処置を受けましょう。舌はデリケートなので、常に刺激を受けていると防御機能が低下し、細菌に感染しやすくなります。ちょっと当たるだけだから、と放置しないで一度きちんと診察して貰うことが大切です。

02病院で診察を受ける

舌がピリピリと痛んだり、舌に何かできたときは、耳鼻咽喉科や口腔外科で診察を受けましょう。舌だけではなく、あごやのどに鋭い痛みが走るようなときは神経内科も受診の対象になります。

この症状疾患に関連する製品

プチメモ

舌苔(ぜったい)は健康のバロメーター

舌は薄いピンク色にうっすらと白いものがかかっているのが通常の状態です。この白いものは舌苔と呼ばれ、体調によって色や厚みが変化しますから、健康を測る一つの目安になります。気をつけたい色は(1)黄色や茶色、(2)舌苔がなくて舌がスベスベしている、(3)黒色です。まず(1)のときは胃の調子が悪いことが疑われます。(2)のときは極度の貧血やビタミンB2の欠乏が、(3)のときは抗生物質の飲みすぎが疑われます。いずれも色が濃くなったときは、一度かかりつけ医の診察を受けるようにしましょう。

最新のブランド情報はこちら

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 水虫
  • 便秘・下痢

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る