のぼせ

異常な熱感が頭や顔に起こったものをのぼせといい、顔、頭に加えて体にも起こったものをほてりといいます。のぼせは精神的に緊張したり恥ずかしい思いをしたときや熱があるときにあらわれやすいものですが、自律神経のバランスの乱れや更年期障害などの疾患によって、慢性的にのぼせが起きる場合もあります。

この症状疾患に関連する製品

  • のぼせについて

日常生活から考えられる原因

01熱さや入浴後の一時的なのぼせ

人の体は、冷たさや熱さに反応して血管を収縮させたり、拡張させたりして、体温の調節をしています。炎天下で活動していたり、お風呂に長い時間つかっていたりすることで血管が拡張したままの状態になると、脳の血液循環に異常をきたし、一時的なのぼせが生じます。

02女性ホルモンのバランスの乱れ

女性ホルモンのバランスが乱れると自律神経に影響を与え、皮膚の表面の血管が収縮したり拡張したりする異常が起こり、のぼせることがあります。とくに出産の後や閉経期前後の更年期には、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。

03緊張や精神的ストレスによる自律神経の乱れ

人前で話をすると緊張して急に顔が熱っぽくなるのは一時的なものですが、緊張や精神的なストレスが続いたりすると慢性的にのぼせを感じやすくなります。これは自律神経のバランスが乱れて血管が拡張気味になるためです。

04のぼせの原因となる主な疾患

発熱にのぼせをともなうときは、風邪やインフルエンザなどの感染症や熱中症などが考えられます。その他、のぼせやほてりに発汗、動悸、手のふるえのような症状をともなうときは甲状腺機能亢進症、のぼせやほてりが続くときは自律神経失調症、更年期障害、高血圧症などが疑われます。また、高血圧の治療薬が原因となってのぼせが起こることもあります。

この症状疾患に関連する製品

のぼせをともなう疾患

01風邪

風邪の原因となるウイルスなどが鼻やのど、気管支などから体内に入り込むと、鼻水、せき、くしゃみ、たん、のどの痛み、発熱などの症状があらわれ、熱にともなうのぼせやほてりが起きることもあります。風邪は、こじらせなければ通常1週間程度で治ります。この疾患・症状に関連する情報はこちら。風邪(感冒)

02インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染することによって起こり、突然39℃前後の高熱が出て、関節痛、ゾクゾクするような寒気、頭痛、だるさなどの症状があらわれます。発熱のピーク2~3日間は、高熱によるのぼせ、ほてりが起こり、その後鼻水やのどの痛みなどがあらわれます。この疾患・症状に関連する情報はこちら。インフルエンザ

03更年期障害

閉経前後の約10年間をさす更年期を迎えると、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少により自律神経のバランスが崩れてほてり、のぼせ、イライラ、動悸、めまいや肩こりなど心と体にさまざまなトラブルが生じます。顔が突然カーッと熱くなって首や背中に汗が流れる症状はホットフラッシュと呼ばれ、更年期障害の前半にあらわれることの多い症状です。この疾患・症状に関連する情報はこちら。更年期障害

04自律神経失調症

精神的なストレスや過労が引き金となって自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルにより、吐き気をはじめ多汗、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状があらわれます。あらわれる症状は人によって大きく違うのが特徴です。

05熱中症

炎天下や高温多湿な場所で長時間過ごしたために、体の発汗機能が破たんして起こる異常が熱中症です。体内の水分が失われ、体温調節に異常が起こって体温が上昇すると、のぼせをはじめ、ほてりや皮膚の乾燥、頭痛、めまいなどの症状があらわれます。重症の場合は、意識障害や呼吸困難が起きて命にかかわることもあります。

06バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

のどぼとけの下にある甲状腺から、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される疾患です。のぼせやほてり、多汗、手が震えたり、胸がドキドキするほか、疲労感や体重の減少、甲状腺の腫れ、目が突き出るなどの症状があらわれます。20~30代の女性に多く発症します。

07高血圧症

遺伝、肥満や塩分のとりすぎなどの生活習慣が原因で、収縮期血圧(最高血圧)140mmHg以上、拡張期血圧(最低血圧)90mmHg以上が続く状態です。のぼせやほてりが続いたり、頭痛やめまいなどをともなうこともありますが、特徴的な自覚症状はほとんどなく、放置すると動脈硬化が進んで、心筋梗塞や脳卒中、腎障害などの合併症を引き起こします。日本では高血圧症患者数が現在約4000万人といわれ、子どもの高血圧も増えています。この疾患・症状に関連する情報はこちら。血圧が高めである

日常生活でできる予防法

01適度に運動し、十分に睡眠をとる

ストレスや疲れを上手に解消して、自律神経のバランスを保つようにすると、のぼせを防止することができます。ウォーキング、サイクリング、水泳やヨガなど、無理せず楽しみながらできる運動を行いましょう。また、寝る前に38~40℃のぬるめの湯船につかると、心身の緊張がほぐれて寝付きが良くなりますが、長湯はのぼせの原因にもなりますから、注意しましょう。

対処法

01頭や顔を冷たいタオルで冷やす

お風呂に入ったときや熱い日に出掛けたときなどの一時的なのぼせには、冷たいタオルで頭や顔を冷やすことが効果的です。このとき、めまいをともなうようなときは、無理せず安静にすることも大切です。

02マッサージやアロマでのぼせを和らげる

アロマの香りは自律神経のバランスを整えたり、更年期障害の症状の緩和に効果があるといわれています。自分が良い香りと思える好きなオイルで、アロマケアを行ってみるのもいいでしょう。

03のぼせを食生活で解消

のぼせやほてりは更年期障害の中でも最も代表的な症状ですが、なるべくカロリーの高い油や肉を控え、魚や野菜、豆などを食事にとり入れると改善に効果的です。高血圧によるのぼせには塩分を控え目にするとともに、塩分のとりすぎに効くカリウムが多く含まれるほうれん草や春菊、海藻、血圧の上昇を抑える食物繊維もあわせて多くとれる芋、豆類などを積極的にとり入れましょう。また肥満によるのぼせは食習慣を見直しましょう。「間食」「外食」「遅い夜食」を極力控え、規則正しい食生活を心がけることが解消に役立ちます。

04市販の薬を使う

自律神経の乱れによるのぼせには、自律神経の働きを整えて血液の流れを改善するビタミンE配合のビタミン剤が有効です。また、更年期障害によるのぼせには、心と体の両面から症状を緩和する漢方薬が効果的といわれています。

05病院で診察を受ける

更年期障害によるのぼせの症状が重い場合は、婦人科を受診しましょう。のぼせやほてりが続くときは、高血圧症、甲状腺の疾患などが隠れていることがありますので、主治医に相談するか内科、循環器科、内分泌内科の診察を受けましょう。

この症状疾患に関連する製品

プチメモ

お風呂での「のぼせ」。油断は禁物!

長風呂しすぎてのぼせた…という経験はありますか?このお風呂で起こるのぼせは、軽視してはいけません。のぼせた状態のままお風呂に入り続けていると、脱水症状を起こし、さらには失神したり、不整脈や脳梗塞を引き起こすこともあります。ちょっとのぼせたな、と思ったらお風呂からあがり、冷たい水を飲み、冷やしたタオルで顔を拭いて、すぐに熱を冷ます工夫をしましょう。

最新のブランド情報はこちら

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る