手足のこわばり

手足の関節が硬くなった感じをともない、腫れぼったく動かしにくい状態になります。主に関節とその周辺の腱の炎症によって起こります。とくに関節リウマチでは、関節と骨の変形による強い痛みや腫れがあらわれる前に手足のこわばりを感じることが多く、とくに朝に感じることが多いという特徴があります。症状が進むとこわばる時間が長くなっていきます。

この症状疾患に関連する製品

  • 手足のこわばりについて

日常生活から考えられる原因

01冷えや体の疲れによるこわばり

体が冷えたり、疲れたりすることで、関節や関節周囲の腱の血流が滞り、痛みやこわばりがあらわれることがあります。

02関節の老化による変性

関節内で硬い骨同士が直接触れないように、クッションの役割をしている軟骨組織が、加齢によって減っていくことで、骨と関節、関節の周りの組織などが変形し、痛みやこわばりがあらわれます。

03手足のこわばりの原因となる疾患

手足のこわばりの原因となる疾患は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原(こうげん)病が代表的です。とくにリウマチは、初期に関節のこわばりが起こることが知られています。また、パーキンソン病では、筋肉がこわばることがあります。

手足のこわばりをともなう疾患

01関節リウマチ

関節に慢性的な炎症が起こり、関節や関節内の骨に痛みや変形が生じる疾患です。関節以外の全身の臓器や組織に異常があらわれることもあります。最初は、微熱や全身の疲労感、食欲不振などが続き、次第に関節のこわばりや腫れ、痛み、筋肉の硬直などの症状があらわれます。とくに、起床のときに手首や足首、手足の指の付け根が自由に動かず、しばらくすると少しずつ動くようになる「朝のこわばり」と呼ばれる症状が特徴的です。

02膠原(こうげん)病(全身性エリテマトーデス(SLE))

関節、腎臓、粘膜、血管壁に起こる免疫異常による疾患です。症状は、頬の紅斑、動悸、息切れ、発疹、口の中の潰瘍、関節炎、リンパの腫れなど多様で、人によって大きく異なります。発症時には発熱が続き、あちこちの関節が痛んでこわばるなど、全身症状が出やすいのも特徴です。

03ばね指(ゆび)症

指を曲げるための腱が炎症を起こして腫れて、指が曲がったまま、動かなくなります。手と指の使いすぎや、関節リウマチなどが原因で起こります。指を力ずくでのばしたときには、痛みをともない、ばねで弾かれたように元の状態に戻ってしまうため、ばね指と呼ばれています。中年以降のよく手を使う主婦に多く起こります。

04パーキンソン病

手足や顔面の筋肉がこわばって固くなったり、手足がふるえたり、動作がきわめて鈍くなるなどが主な症状です。顔の表情に変化がなくなるといった特徴もあります。脳内にある神経伝達物質の一種であるドパミンを放出する神経細胞が消失するために、ドパミンが不足して起こると考えられています。

05線維筋痛症

筋肉、腱、靱帯などに非常に激しい痛みやこわばりをともなうのが主な症状です。40~50歳代の女性に多く、手足を中心とした全身のいろいろな筋肉にこわばり感や痛みが生じ、全身の疲労感、倦怠感、睡眠障害などをともないます。筋肉の圧痛点(押さえると痛みを感じる点)を押して診断しますが、通常の検査では何も異常がないことが多いのが特徴です。※上記疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

対処法

01病院で診察を受ける

関節がこわばって動かしにくい症状は、関節リウマチなどの膠原病の初期にはよくみられます。どんな病気でもそうですが、早期に治療を始めることが、その後の経過に大きな影響を与えます。早めに内科や整形外科、リウマチ科、神経内科などを受診するようにしましょう。

プチメモ

冷えは大敵、温めて症状を緩和する!

一般に、温めることには(1)関節周囲の組織の緊張が解けこわばりがとれる、(2)関節がゆるみ動きやすくなる、(3)血管が広がって血行が促進される、(4)痛みやこわばりがとれるといった効果があります。体のこわばりを緩和させるには、お風呂で体全体を温めて血行を良くしたり、膝かけやカイロを使って冷やさないように工夫すると良いでしょう。

最新のブランド情報はこちら

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る