更年期障害

閉経の前後に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌の低下や停止が引き起こす心と体のトラブルです。日常生活に支障をもたらすさまざまな症状があらわれます。症状や期間は一般的には閉経の前後の2~5年といわれています。

日常生活から考えられる原因

1閉経前のホルモンバランスの変化

閉経の前後、約10年間をさす更年期を迎えると、女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少し、それが引き金となって自律神経のバランスを崩し、のぼせや動悸といった、さまざまな症状を招きます。

更年期障害の症状

1突然のほてりやのぼせ

突然顔がカーッと熱くなったり、首や背中などから汗が流れてくることがあります。これは、自律神経の乱れが引き起こす、ホットフラッシュと呼ばれる症状です。逆に、手足が冷えたりするようなこともあります。

2精神的症状

ほてりなどに次いで多いとされている症状が、イライラや不安感、憂うつ感といった精神的なものです。気持ちの波が激しく、自分でもコントロールできない状態になってしまいます。他にも、無気力になってしまったり、集中力が低下してしまうというようなこともあります。

3こりや頭痛

自律神経の乱れによって血液の循環が悪くなるので、肩こりや腰痛などこりの症状を招きやすくなります。また、頭痛や頭が重い感じになる人も多く、とくに生理の頃になると頭痛がしていた人や、昔から頭痛持ちだったという人は頭痛の症状が出やすいようです。

4めまいや耳鳴り

更年期の自律神経の乱れが、血管運動系の機能に障害を起こし、血圧が安定しなくなります。そのため、めまいや耳鳴りといった症状があらわれることがあります。

5疲労倦怠感

更年期によって、ホルモンのバランスが崩れると、全身のだるさや疲れやすいといった症状もあらわれます。

6性生活の変化

女性ホルモンのバランスが変化することで女性の場合、膣の乾燥や委縮が起こり、性交の際に痛みを感じることがあります。このようなことで、相手の男性も勃起障害(ED)を招くこともあります。こういった体の変化は、性欲を低下させ、性交困難や性交への不快感や拒否感へとつながっていくことがあります。

対処法

1体を動かす

体を動かすことは、ストレスを解消し、心地良い睡眠を招きます。自分にあったスポーツを楽しみましょう。とくに、ウォーキングやラジオ体操、水泳などの有酸素運動がおすすめです。無理をせず、楽しみながらできる運動を行いましょう。

2気分転換をする

家に一人で閉じこもっていると、よけいに気分がふさぎます。趣味を楽しむ、ゆったりとリラックスした時間を過ごす、お洒落をして外出する、友人とお喋りを楽しむ、ときには旅行に行くなど、気分転換を心がけましょう。

3睡眠を十分にとる

更年期の症状によって、なかなか寝付けないときもありますが、なるべく1日6時間以上の睡眠をとるようにしましょう。寝る1時間前ほどにぬるめのお風呂に入り、毎日同じ時間に布団に入る、起きたときに30分~1時間ほど朝日を浴びる、軽い運動をするなど、質の良い睡眠をとれる工夫をしましょう。

4市販の薬を使う

更年期障害によるのぼせやほてり、冷えなどに効果をあらわす漢方薬などが販売されています。体のさまざまな場所に不調が起こりやすいので、漢方処方などを活用して、体全体のバランスを整えましょう。

5病院で診察を受ける

症状が重く、日常生活にも支障をきたすような場合は、自分一人で悩まずに、婦人科、心療内科、精神科などの専門医に相談しましょう。最近は更年期専門外来を設けている病院もあります。

プチメモ症状が重い場合は、他の疾患も疑ってみましょう

ほてりやのぼせの症状は、高血圧や心臓疾患、甲状腺に機能異常をきたすバセドウ病でもあらわれます。
頭痛は脳の病気や高血圧、めまいはメニエール病など、これらのように、更年期障害と同じ症状が出る疾患も多く存在します。
重い症状に悩まされたときは、早めに病院で検査してもらいましょう。