二日酔い

過度の飲酒により、翌日まで頭痛やめまい、吐き気など、気分の悪い状態が続くことを二日酔い(宿酔【しゅくすい】)といいます。二日酔いは、アルコールを代謝する過程で出る有害物質、アセトアルデヒドが血液中に残留していることが原因で起こります。

この症状疾患に関連する製品

日常生活から考えられる原因

01代謝しきれないアルコールの摂取

アルコールを分解する際にできる有害物質、アセトアルデヒドを代謝しきれず、体内に残ってしまうと、頭痛やめまい、吐き気などをもよおします。また、アルコールを代謝する際に大量の水分が消費され、脳を保護する髄液が減少する低髄液圧症候群となり頭痛を感じることもあります。

この症状疾患に関連する製品

二日酔いの症状

01頭痛、吐き気やほてり

二日酔いになると、頭痛、吐き気や嘔吐、体のほてり、のどの渇きなどの不快な症状を感じます。また、アルコールが体内に残っている場合は、酩酊感やふらつき、ろれつが回らないなど、一般的な酒酔い症状が残ることもあります。

この症状疾患に関連する製品

日常生活でできる予防法

01お酒を飲む前に肝機能を高める食品やサプリメントをとる

ウコンを含むサプリメントやタウリンを含む栄養ドリンク剤などを飲酒前にとることで、胆汁の分泌を盛んにし、アルコールの代謝機能を高めるといわれています。また、たんぱく質にも肝機能を活性化させる効果があるため、牛乳などの乳製品を事前にとると二日酔い予防に役立ちます。

02二日酔いを防ぐおつまみを一緒に食べる

枝豆やじゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれ、悪酔いや二日酔いを防ぐ作用があります。また、おくらや長いも、なめこなどのネバネバ食材には胃や腸の粘膜を保護するムチンが含まれています。その他、アセトアルデヒドの分解をサポートする梅や、肝機能を強化するしじみやゴマも二日酔いの予防に有効な食材といわれています。

03水分を補給する

肝臓でアルコールを代謝するときには水が必要となります。また、二日酔いの頭痛は脱水症状などが原因で起こります。そのためアルコールを大量にとりすぎたときには、十分な水分補給が大切です。ただし、水分だけを補給しても尿として排泄されるため、水分を体に保持する適量の塩分と一緒にとるようにしましょう。

04お腹にカイロを貼る

東洋医学の「お灸」と同じ効果で、肝臓の辺りを温めると肝機能が高まり、翌朝の二日酔い予防に役立つといわれています。お酒を飲んでいる最中、もしくは飲んで帰宅するまでの間に、使い捨てカイロをお腹に当てて肝臓の辺りを温めてあげましょう。

05適量を心がけて飲む

適量を知り、それを超える量やペースにならないよう、気をつけて飲むことが、二日酔いのなによりの予防法になります。

対処法

01二日酔いを軽減させる食品をとる

肝臓で作られる胆汁の分泌を促し、アルコールの代謝機能を助けるアミノ酸やビタミンB12が豊富なしじみは、二日酔いの回復を早めます。その他、まいたけやお酢を使った料理も肝機能を高め、アルコールの代謝を促します。

02お茶やコーヒー、果汁100%ジュースで水分を補給する

コーヒーに含まれるカフェインは、二日酔いの頭痛を和らげ、肝機能を高める働きをもっています。お茶にはカフェインに加えて、アルコールの吸収を抑える効果もあります。また、果汁100%のジュースでは、アルコールの分解によって不足している水分と、肝臓の働きのエネルギーとなる糖分を手軽に補うことができます。水分を補給することで、体内に残るアルコールが尿として排出されますので、水分は多めにとるようにするといいでしょう。

03市販の薬を使う

二日酔いによる吐き気やむかつきには、胃腸機能を調整する塩化カルニチンなどが配合された胃腸薬、頭が痛いときには鎮痛効果のあるイブプロフェン配合の頭痛薬が効果的です。ただし、頭痛薬によってはお酒との相互作用が悪い種類がありますので、薬局で相談してから購入しましょう。また、多量のアルコールを代謝するときには、ビタミンB1が多く消費されますので、体内のビタミンB1が足りなくなり、疲れを感じることがあります。そんなときは、ビタミンB1が配合されたビタミン剤を飲んでみるのもいいでしょう。

この症状疾患に関連する製品

プチメモ

お酒に弱い体質や飲み方とは?

お酒に強いか弱いかは、アルコールの分解時に必要な酵素の遺伝子構造によって決まり、実は、日本人の約過半数は「お酒に弱い」体質にあるとされています。そして、愛煙家に多い、お酒とタバコの組み合わせは二日酔いのモトにもなります。タバコはアルコールの分解を助けるビタミンCを破壊します。さらにニコチンの作用により内臓全般の働きが鈍るため、胃腸への負担も大きくなり、翌朝に胸やけや吐き気などの症状が起こりやすくなるのです。

二日酔いの原因の多くは、「飲み方」にあります。
飲み方によっては、アルコール依存症などにも繋がりかねません。
あなたの飲み方をチェックしてみませんか?

セルフチェックをする

最新のブランド情報はこちら

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 水虫
  • 便秘・下痢

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る