不正出血

生理時以外に出血があるのが不正出血です。出血の量は下着がほんのりピンクや褐色に色づく程度から、生理と同じくらい多量な場合までさまざまです。心配のいらない不正出血もありますが、疾患のサインであることも多いので見過ごさないようにしましょう。

日常生活から考えられる原因

1ストレスによるホルモンバランスの乱れ

強いストレスや不規則な生活などが続くと、生理期間中でもないのに出血をすることがあります。これは、ホルモンのバランスが乱れることで、子宮内膜の増殖・剥離という生理のシステムがうまく作用しなくなり、出血を起こしている状態です。また極端なダイエットをした場合でも、同様にホルモンバランスが乱れて不正出血をともなうことがあります。

2排卵日の前後に起こる出血

心配のいらない不正出血に、生理と生理との間、つまり排卵日の前後にみられる少量の出血があります。これは、子宮頸管から分泌される粘液に血が混じったもので、排卵直後、一時的にホルモンバランスが崩れることで起こる現象です。軽い腹痛をともなうこともありますが、ふつうは2~3日でおさまります。ただし、出血量が生理時よりも多いときや、1週間も続くときには婦人科を受診しましょう。

3思春期や更年期によるホルモンバランスの乱れ

生理予定日の数日前から出血があり、なかなか生理が終わらないような場合は、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。これはホルモンバランスが乱れ、生理のサイクルが崩れるために生じるもので、思春期や更年期などに多くみられます。ただし、同じような症状とともに、歯茎など他の場所からも出血がある場合は血液の疾患が疑われます。

4流産や切迫流産

2カ月以上生理がなく、妊娠の可能性が高いと思っていたのに、腹痛をともなった不正出血が続く場合には、流産や切迫流産、子宮外妊娠の疑いがあります。この場合はすぐに産婦人科を受診しましょう。受精卵が子宮内膜に着床する(妊娠成立)ときにも不正出血をすることがあります。生理にしては出血の量が少ないときには、市販の妊娠検査薬で確かめてみるのも良いでしょう。

5不正出血の原因となる主な疾患

不正出血は疾患が原因で生じることもあります。その疾患には、子宮頸がんや子宮体がん、子宮頸管炎、膣炎、子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらん、子宮内膜炎、子宮筋腫、子宮外妊娠など、さまざまなものがあります。不正出血はそれほど珍しい症状ではありませんが、こうした疾患が隠れている場合もありますので、出血がみられたら早めに産婦人科を受診しましょう。

不正出血をともなう疾患

1子宮頸管炎

子宮頸管がクラミジアや大腸菌、ブドウ球菌などの感染で炎症を起こすと、臭いがきつく、黄色や黄緑色をした膿のようなおりものが出ます。また、炎症が強いと下腹部の痛みや微熱、腰痛をともなうこともあります。放置していると子宮や骨盤にまで炎症が広がり、不正出血、吐き気や嘔吐、高熱などがあらわれる子宮内膜炎や骨盤腹膜炎を引き起こします。

2子宮頸管ポリープ

子宮の入り口(頸管)に、ポリープと呼ばれるキノコ状の良性の腫瘍ができる疾患です。おりものの量が増えたり、茶褐色に変化したりするのに加え、性交やスポーツの後、排便時のいきみのときなどに少量出血するなどの症状があらわれます。妊娠を経験した30代~50代の女性に多く発生する疾患ですが、原因は分かっていません。

3子宮膣部びらん

子宮の入り口の粘膜と膣部の粘膜がただれるのが子宮膣部びらんです。おりものが増えたり、不正出血がみられたり、性行為の後に少し出血したりしますが、多くは自覚症状がありません。びらんがあると細菌に感染しやすくなるため、子宮頸管炎などの原因になることがあります。また、子宮頸がんの初期と症状が似ているので、子宮膣部びらんに似た症状があらわれたときは、必ず婦人科を受診しましょう。

4子宮内膜炎

子宮内膜が、炎症を起こす疾患です。ほとんどは大腸菌やブドウ球菌、淋菌、クラミジアなどの感染が原因です。初期の自覚症状では、おりものが増えたり、下腹部ににぶい痛みを感じます。炎症が広がると、不正出血、黄色い膿状や血が混じったおりものがみられ、吐き気、下痢、排便痛といった症状があらわれます。子宮頸管が広がっている出産や流産、中絶後にかかりやすいといわれています。

5子宮内膜症

本来子宮の内側にしか存在しない子宮内膜に似た細胞組織が、卵管、腹膣内、直腸の表面など、さまざまな臓器に発生する疾患です。最近は10~20歳代の若い世代にも多くみられます。不正出血や激しい生理痛、下腹部痛が特徴ですが、他に腰痛や性交痛、肛門の奥や排便時の痛みや吐き気、嘔吐などの症状がみられるほか、不妊の原因にもなります。

6子宮外妊娠

本来赤ちゃんを育てる子宮以外で妊娠する、妊娠初期の異常妊娠で、その9割が卵管妊娠です。自覚症状は妊娠に変わりはないので、胸が張ったり、尿が近くなったり、つわりが出ることがありますが、生理の遅れと思っていて、気付かないこともあります。気付かないままでいると自然に流産するか、卵管が破裂して不正出血と下腹部の痛みがあらわれます。とくに卵管破裂の場合はかなりの出血があり、死にいたる危険もあります。

7子宮筋腫

子宮にできる良性腫瘍です。30~40歳代に多く、成人女性の5人に1人は筋腫があるといわれています。初期の自覚症状はほとんどありませんが、筋腫が大きくなると生理痛が強くなり、月経出血の増加や期間の長期化、不正出血がみられます。そのため、貧血やめまい、立ちくらみなどを引き起こします。また、周囲の臓器にも影響を与えて、頻尿や排尿、排便時の痛み、腰痛を起こすこともあります。不妊や流産の原因にもなります。

8子宮頸がん

20~30歳代に多い、子宮の入口にできるがんです。多くは性交渉によりHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染することが原因となって発症します。初期症状はほとんどなく、感染すると細胞が変化し、数年かけてがんに発展します。進行の途中では、おりものが増えて茶色がかった色になったり、生理の期間が長くなる、不正出血や性交時の出血といった症状があらわれることがあります。

9子宮体がん

50代以上に多く、子宮内膜の細胞が悪性腫瘍に変化し、がん化したものです。最近では30代で発症するケースも増えています。無理なダイエットや加齢などで女性ホルモンのバランスが乱れることが原因と考えられています。初期症状のほとんどない子宮頸がんに比べ、子宮体がんは初期の段階から9割の人に不正出血がみられます。その他おりものが茶褐色になったり、生理やおりものの量が増えたりします。

日常生活でできる予防法

1ストレスを溜めない生活

女性ホルモンのバランスはストレスの影響を受けやすいものです。音楽を聴いたり読書を楽しんだり、あるいはスポーツ、テレビや映画を楽しむなど、自分なりのストレス解消法を見つけて、ストレスを軽減するようにつとめましょう。

2年に一度の婦人科検診

子宮頸がん、子宮体がんともに早期に発見できれば、ほぼ100%治癒します。しかし、自覚症状があらわれるころには進行していることがありますので、年に一度は積極的に定期健診を受けましょう。とくに子宮頸がんは若い女性に多いので、厚生労働省では子宮頸がんと乳がんの定期検診を20歳以上の女性に勧めており、多くの自治体や会社の健康保険組合などが助成金の制度を設けています。

対処法

1病院で診察を受ける

出血のしかたも量もさまざまですが、少しでも不正出血があったらすぐに婦人科の診察を受けましょう。また、普段から基礎体温表をつけておくと、異常の早期発見や治療に役立ちます。

プチメモ生理中にしてもいいこと、やめたほうがいいこと

生理中の女性の体は、いつもよりも免疫力が低下しています。そのため、体に負担のかかる行為は控えるようにしましょう。例えば、この時期の性行為は感染症にかかるリスクが高くなりますし、またスキンケアのやりすぎも、かえって肌を痛めてしまうことがあります。エステは生理後の方が効果的ですので、生理中はいつものお手入れ程度でおさえておきましょう。逆に、血行促進やリラックス効果の高いお風呂やシャワーはおすすめです。適量であれば、生理中の飲酒もOK。ただし、酔いが回りやすいのでたしなむ程度に留めておきましょう。