乳房の痛み、しこり

乳房は、母乳(乳汁)の出口となる乳頭(乳首)、乳汁を作る働きをもつ乳腺と脂肪でできています。女性ホルモンの分泌の影響や、乳房の疾患によって、乳房に痛みやしこりがあらわれます。

日常生活から考えられる原因

1生理の周期による女性ホルモンの変化

生理周期による女性ホルモンの変化によって、具体的には生理前に分泌されるホルモンの作用によって、乳房に張りや痛みを感じます。女性ホルモンの変動によって、乳腺内の血管の膨張や乳腺組織の増加のためと考えられています。両方の乳房に起こり、全体的に痛むことが多いようです。

2妊娠や出産後の授乳期の痛み

妊娠すると乳房が急に大きくなり、乳房が張ったり、痛みをともなったりすることがあります。これらの変化は女性ホルモンの分泌量が急増するために起こります。出産後の授乳期に乳腺の痛みを引き起こすことがあります。

3乳房の成長期における痛みと張り

乳房の成長には、女性ホルモンが大きく関与しています。女性ホルモンの分泌量が急に増える成長期には、乳房の大きさや硬さが急激に変化し、それにともない、痛みやしこりのようなものを感じることがあります。

4乳房の痛みやしこりをともなう主な疾患

乳房に痛みをともなう疾患としては、乳腺に炎症が起こる乳腺炎が代表的です。しこりができる主な疾患は、乳腺線維腺腫、乳腺症、乳がんです。うち乳腺症にのみ押さえたときの圧痛があります。

乳房の痛み、しこりをともなう疾患

1月経前症候群(PMS)

毎月、生理前になると心と体に不快な症状があらわれ、日常生活に支障をきたす状態を月経前症候群といいます。下腹部が痛くなったり、重くなったりするとともに、胸の張りや痛み、顔や手足のむくみ、肩こり、イライラ、ゆううつ感、疲れやすいなどの症状があらわれます。また、便秘や吹き出物などを訴える場合もあります。これは、女性ホルモンの分泌の変化によるものと考えられています。

2急性うっ滞性乳腺炎

乳腺に炎症が起こる疾患です。急性乳腺炎には母乳が乳房に溜まって炎症を起こす急性うっ滞性乳腺炎と細菌感染によって炎症を起こす急性化膿性乳腺炎があります。急性うっ滞性乳腺炎は初産の女性に多く、出産後母乳の通り道となる乳管が十分に開いていないことや、赤ちゃんが上手に乳を飲めないために母乳が出口を失い、乳腺の中に溜まり、乳房が腫れ、熱や痛みを持つようになります。

3急性化膿性乳腺炎

急性乳腺炎には、急性うっ滞性乳腺炎と、乳頭にできた傷口や乳管口から細菌感染することで炎症を起こす急性化膿性乳腺炎があります。急性化膿性乳腺炎は、ほとんどの場合、うっ滞性乳腺炎が誘因になります。急性化膿性乳腺炎には悪寒や震えをともなう高熱が出ることが多く、乳房が赤く腫れひどく痛みます。さらに腫れや痛みはわきの下のリンパ節にまで広がることもあります。急性化膿性乳腺炎は治療が不十分の場合に慢性化することもあります。

4乳腺症

乳腺に、良性のしこりができる疾患です。しこりは触れるとわかるので、乳がんと間違えられることが少なくありません。乳房の片方あるいは両方に、境目のはっきりしない弾力性のある大小さまざまなしこりが、いくつもできるのが特徴です。このしこりは生理前になると大きくなり、生理が始まると小さくなっていきます。乳房に張りや痛みを感じることもありますが、これも生理前に強まり、始まるとやわらぎます。乳腺の病気の中で最も多く、30代~40代によくみられます。

5乳腺線維腺腫

乳腺に、良性の腫瘍ができる疾患です。乳房に大豆大からジャガイモ大のしこりができます。周囲との境がはっきりしていて立体感があり、触るとコロコロと逃げるように動くのが特徴です。痛みはありません。良性なので転移はしませんが、大きくなると手術による摘出を行うことも少なくありません。

6乳がん

乳がんは乳腺にできるがんです。40代以上に多く、高齢出産をした人や授乳の経験が少ない人、肥満の人、親族ががんにかかったことがある人などがかかりやすいことがわかっています。乳房に痛みのない硬いしこりができて、押しても動かないのが特徴です。進行すると、皮膚にへこみが生じたり、乳首から血の混じった分泌物が出るといった症状が起こることがあります。乳がんは他のがんに比べて進行が遅く、しこりが1cm2の大きさになるまで10年ほどかかるので、しこりが小さいうちに見つかれば90%以上の人が治るのです。

7女性化乳房症

男性の胸部が女性のように膨らむ症状です。乳首の中にしこりができたような痛みが起こる場合もあります。思春期のホルモンのアンバランスや薬の影響によるもの、肝臓や副腎などの病気にともなうものなどがあります。前立腺がんの治療や肝硬変にともなう女性ホルモンの増加による女性化乳房が注目されています。女性化乳房自体は、とくに健康上の問題はありませんが、がんや別の病気が潜んでいる場合がありますので、外科や乳腺専門医の診察を受けましょう。

日常生活でできる予防法

1月1回は乳がんの自己チェックをする

月に1回程度、次の順序にしたがって3つの自己検査を行いましょう。
(1)鏡の前に立ち、両手を挙げたり下げたりして、乳房の形や色を観察します。
(2)立ったままで、親指以外の4本の指の腹で乳房を押さえながら渦巻き状に動かし、しこりがないか調べます。
(3)仰向けに寝て、調べる乳房の方の手を上に挙げて、親指以外の4本の指の腹で乳房を押さえながら渦巻状に動かし、乳房全体と脇の下にもしこりがないかよく調べるようにしましょう。

これを両方の乳房で行います。乳がんは唯一、自分自身で発見できるがんです。日頃から自分の乳房をよく見たり、触ったりする習慣をつけておくようにしましょう。

2年1回は乳がん検診を行う

そして、年に1度は健康診断や医療機関で乳がんの検診を受けましょう。検診方法は、医師が乳房の形を見て、次に触れてしこりの有無を確認する「視触診」、超音波で乳房内部の画像を映す「エコー検診」、乳房の中を微量のX線撮影で細かくみる「マンモグラフィ」があります。エコー検診やマンモブラフィではしこりの全体像を見て良性か悪性かをある程度判断することができます。乳がんは早期発見によって、早期の治療を行えば、乳房を失うこともなく、そのほとんどが治ります。乳がんは、早期発見が大切です。

対処法

1病院で診察を受ける

乳がんは自分で異常に気付いて受診したというケースが多くみられます。乳房にしこり、皮膚のしわやへこみ、変色を発見したり、乳頭からの出血、乳頭のひきつれ、へこみなどの変形、さらに異物感があって、それが何かはっきりしないような場合でも、早急に主治医や専門医のいる病院を受診することが大切です。乳房の異常で受診するのは婦人科だと思っている人が多いようですが、実は乳房の病気を専門領域にしているのは外科です。最近では乳房の病気を専門にする「乳腺外科」もあるので、外科か乳腺外科を受診しましょう。

プチメモ男性にも乳がんってあるの?

乳がんというと、女性の病気のようなイメージがありますが、実は乳がん全体の約1.0%は、すなわち100人に1人くらいは男性がしめています。60~70歳の男性が多く、女性の乳がん同様にしこりができて皮膚がへこんだようになることもありますが、痛みはともないません。