あせも

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。

この症状疾患に関連する製品

  • あせもについて

日常生活から考えられる原因

01多量の汗

日本の夏の特色である高温多湿や冬の暖房、あるいは風邪などで高熱による体温上昇が続くと汗をかきやすくなります。また、皮膚にホコリが付着すると、汗を分泌する汗腺が詰まりやすくなり、汗が体の外に排出されにくくなって皮膚周辺の組織に、小さな水疱が多発します。

この症状疾患に関連する製品

あせもの症状

01かゆみや炎症をともなう赤いあせも

あせもの中で、最も多いのが紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれる赤いあせもです。かゆみをともなう赤く、水を含んだ小さなボツボツがたくさんできて、中心に小さな膿を持つこともあります。汗をかきやすい赤ちゃんにできやすく、脇の下や首の周りなどこすれ合う部分に多くみられます。

02小さな水疱状になる透明なあせも

非常に小さく透明な水ぶくれがたくさんできます。その姿から水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼ばれます。かゆみはなく、数日で皮膚が細かくはがれて自然に治ります。

この症状疾患に関連する製品

日常生活でできる予防法

01皮膚を清潔に保つ

エアコンのドライ機能などを上手に利用して、汗をかかないように工夫しましょう。
汗をかいたらこまめに拭くかシャワーを浴びるなど、皮膚を清潔に保ちましょう。

02赤ちゃんの環境に注意を払う

赤ちゃんは、大人の2~3倍も汗をかきやすいといわれています。室内の環境を整えたり、冬の室内では厚着になりすぎないよう、十分に気をくばりましょう。

対処法

01通気性を工夫する

通気性の良い肌着を着たり、赤ちゃんの寝具には汗取りパッドを追加するなど、汗の排泄されやすい条件を考えた環境をつくりましょう。汗をかいた場合はこまめに拭いて、汗が皮膚に長い間残らないようにすることが大切です。

02市販の薬を使う

かゆみを我慢できずにかいてしまうと、患部をよけいに悪化させたり、そこから細菌に感染したりすることもあります。市販の薬を使って、かゆみや炎症を和らげましょう。

03病院で診察を受ける

かゆみが強いときや、なかなか炎症がひかないようなときは、主治医か皮膚科で診察を受けましょう。

この症状疾患に関連する製品

プチメモ

あせもにベビーパウダーは要注意

ベビーパウダーは、汗を吸着して皮膚を乾燥させる働きがありますから、あせも予防の一つになります。
赤ちゃんにつけるときは、パウダーが飛び散りやすいパフは使わず、大人の手のひらに少しとってこすり合わせ、薄くつけましょう。
ただし、あせもができているときはベビーパウダーは汗の出口をふさぐ場合もありますので、使わないほうがいいでしょう。

最新のブランド情報はこちら

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る