痛風

痛風は、血液中の過剰な尿酸が体の組織に移行して結晶化し、関節などに溜まって炎症を起こす疾患です。尿酸は、細胞核の代謝の過程で生成したプリン体が、さらに分解されてできる老廃物です。尿酸は通常、尿や便として排泄されますが、つくられすぎたり、うまく排泄できないと、体の組織にたまり、結晶化して炎症を起こします。

痛風 セルフチェック

あなたの周りには尿酸値を上げる危険因子がたくさんあります。
さあ、チェックしてみましょう。

  • 01大食いで肥満である。
  • 02アルコールを大量に飲む。
  • 03肉類を食べることが多い。
  • 04ストレスが多い。
  • 05運動不足である。
  • 06腎臓に障害がある。
  • 07激しい運動をする。
  • 08血縁者に痛風の人がいる。