老眼(老視)

目には自動的にピントを合わせる働きが備わっていますが、40歳頃から目の機能が衰え、ピントの調節がうまくできなくなり、近くが見えにくくなります。これが老眼(老視)です。老眼は目の老化現象で、誰もが避けては通れないものです。

老眼(老視) セルフチェック

何気ない仕草や、体の疲れの原因は老眼にあるかもしれません。さあ、チェックしてみましょう。

  • 01近くを見るときに目を細めてしまう。
  • 02新聞や雑誌を目から30cm以上離さないと読みにくい。
  • 03針に糸を通すなど、細かい作業が苦手になった。
  • 04薄暗いところで目がかすむようになった。
  • 05読書の後、肩こりや頭痛がする。