更年期障害

閉経の前後に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌の低下や停止が引き起こす心と体のトラブルです。日常生活に支障をもたらすさまざまな症状があらわれます。症状や期間は一般的には閉経の前後の2~5年といわれています。

更年期障害 セルフチェック

あなたはもう更年期を迎えているでしょうか?それとも…
さあ、さっそくチェックしてみましょう。

  • 01顔がほてる。
  • 02汗をかきやすい。
  • 03腰や手足が冷えやすい。
  • 04息切れ、動悸がする。
  • 05寝つきが悪い、眠りが浅い。
  • 06怒りやすく、イライラする。
  • 07くよくよしたり、憂うつになる。
  • 08頭痛、めまい、吐き気がよくある。
  • 09疲れやすい。
  • 10肩こり、腰痛、手足の痛みがある。