なるほど疲労解明研究所

【疲労とは何か?】疲労の実態 ~慢性疲労は国家的損失~

1985年に総理府が行った健康に関する国民意識調査では、疲労感を認めた人は全体の66%で、そのうち72%が「一晩の睡眠で疲労感は回復する」と答えており、6カ月以上にもわたって疲労が続く状態(慢性疲労)は希少だと思われていました。
ところが2004年に文部科学省の疲労研究班が大阪地区で行った疫学調査(2,742人回答)では、疲労感を自覚している人の割合は約60%で、そのうちの半数を超える人(全体の39%)が半年以上続く慢性疲労に悩んでいることが明らかになりました。これは、日本の就労人口約8千万人に対し、実に3千万人を超える人々が半年以上疲労感に悩んでいることになります。

また、慢性疲労に悩んでいる人の半数近くが、疲労のために以前に比べ作業能力が低下し、十分に活動できていないと感じています。このような慢性疲労等による経済的損失を試算すると、医療費以外で年間1.2兆円と膨大な額にのぼり、国民の疲労が国家レベルでの生産性にダメージを及ぼしかねない状況にあることが推測されます。

わが国の疲労の統計
(大阪地区, 2,742人回答, 2004年文部科学省疲労研究班による)
渡辺恭良:別冊・医学のあゆみ 最新・疲労の科学、p7、2010

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る