2014年 花粉症特集

日本人のカルシウム摂取状況

日本人は慢性的なカルシウム不足だと言われています。 日本人のカルシウム摂取量と推奨量を見てみましょう。 カルシウムはほとんどの世代で不足しています。 18歳以降は諸外国に比べ、この値はかなり低いものです。にもかかわらず、この値すら達成できていないのが現状なのです。 カルシウムが不足すると骨量の減少につながります。

『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版』では1日700〜800㎎のカルシウムの摂取を勧めていますので、日々の食生活の中で積極的にカルシウムをとるようにしてください。 また、骨の為にはカルシウムだけでなく、ビタミンDなどほかの栄養素にも気を配らなければなりません。






あなたにも自覚がありませんか?
カルシウムが不足するとさまざまな症状があらわれることがあります。

・イライラする
・集中がとぎれやすい

・歯周病・知覚過敏などがおきやすい。
・虫歯になりやすい

・身長が同級生にくらべてなかなか伸びない
・骨折をしやすい
・出血したときに血がとまりにくい

・昔に比べて、背が縮んだ気がする
・立ち上がるときに腰や背中が痛い
・背中や腰が曲がった気がする
・高いところに手が届かなくなった

効率よくカルシウムを摂る

新カルシチュウD3
新カルシチュウD3
ビタミンD3・マグネシウムを配合した、チュアブルタイプのカルシウム剤<ヨーグルト風味>第2類医薬品
ベンザ鼻炎スプレー
新カルシチュウD3グリーンT
ビタミンD3・マグネシウムを配合した、チュアブルタイプのカルシウム剤<抹茶風味>第2類医薬品

お役立ち情報

ビタミン・ミネラル事典『Caカルシウム』

タミン・ミネラル事典『Caカルシウム』

働きや摂取量の目安、摂取することができる代表的な食材などをわかり易く紹介しています。毎日の食事と健康管理にお役立てください。

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

このページの先頭へ