身近な薬の活用ガイド

私たちの身の回りには、いろいろな種類の薬があります。なかでも、OTC医薬品*1は自らの判断で選択、購入、服用する医薬品であり、上手に付き合えばいろいろな疾病や症状の改善が期待されます。規制緩和により、OTC医薬品の販売方法はどんどん変化しています。これに基づき薬の選び方や保管方法など付き合い方も変わっています。ここでは、薬との上手な付き合い方をご紹介します。

*1 OTC医薬品・・・医師による処方箋を必要とせずに購入できる医薬品です。OTCは、英語の「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略で、カウンター越しに薬を販売するかたちに由来しています。

2017年1月から新たに〔セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)〕が施行されました。
その制度の内容や対象製品など紹介します。

医師の診断によって処方される薬と薬局やドラッグストアなどで自ら選んで購入できる薬の違い、また医薬品と医薬部外品、化粧品の違いはどこにあるのでしょうか。薬の基本的な知識をまとめて紹介します。

OTC医薬品には様々な分類があり、それぞれ販売方法などが異ります。
OTC医薬品の分類と選び方のポイントを紹介します。

正しい飲み方をはじめ、服用の回数やタイミングについての情報をまとめました。また、副作用など、薬を服用する際に知っておきたいポイントを紹介していきます。

薬を保管しておくときに避けたほうがいい場所や、使用期限が過ぎてしまった薬の処分方法など知っておくと役に立つポイントを紹介します。