• 症状別対策BOOK
  • 疲れの原因・解消法
  • ビタミン・ミネラル事典
  • タケダの生薬・漢方薬事典
  • 身近な薬の活用ガイド

チンピ(陳皮)ミカン科ウンシュウミカンの果皮を乾燥したもの。

植物の特徴
日本の暖地で栽培される常緑樹です。5月頃に香りのよい白い花が咲き、9~12月頃に果実の成熟期を迎えます。生薬には、乾燥させた果皮を用います。
生育地
日本

この生薬の特性

  • 五気(薬性)…
  • 温
  • 五味…
  • 苦
  • 辛

気を整える作用を持ちます。

効能

芳香性健胃、駆風(くふう)、鎮吐(ちんと)、鎮咳(ちんがい)作用などに効果があります。

こんな症状に

成分組成
果皮にはリモネン、リナロール、テルピネオールを主成分とする精油約0.2%や、配糖体のヘスペリジン、フラボノイドのノビレチンなどが含まれています。また果肉にはクエン酸を主とする有機酸を1~3%含有するほか、ビタミンCやカロテンも豊富に含まれています。
この生薬が含まれている漢方処方
  • 香蘇散 (こうそさん)
  • 平胃散 (へいいさん)
  • 二陳湯 (にちんとう)
  • 橘皮湯(きっぴとう)
  • 茯苓飲 (ぶくりょういん)
  • 橘枳姜湯(きつききょうとう)

など

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る