タケダの生薬・漢方薬事典

生薬図鑑

タケダの漢方製剤や生薬製剤で使用している生薬一覧です。生薬の基源や効能、それぞれの生薬にまつわるこぼれ話などを詳しくご案内しています。個々の生薬について知りたいときなどにぜひご活用ください。

今は大人気、江戸時代までは不人気ミカン

陳皮チンピ

ミカン科ウンシュウミカンの果皮を乾燥したもの。

植物の特徴

日本の暖地で栽培される常緑樹です。5月頃に香りのよい白い花が咲き、9~12月頃に果実の成熟期を迎えます。生薬には、乾燥させた果皮を用います。

生育地

日本

この生薬の特性

五気(薬性)

おん

五味

しん

気を整える作用を持ちます。

効能

芳香性健胃、駆風(くふう)、鎮吐(ちんと)、鎮咳(ちんがい)作用などに効果があります。

こんな症状に

A

  • 咳嗽

B

  • 肩こり

C

  • 消化不良
  • 胃酸過多症
  • 悪心嘔吐
  • 下痢

全身

胃腸虚弱で神経質な人

  • 疼痛
  • 風邪
  • 冷え性
  • 神経痛

成分組成

果皮にはリモネン、リナロール、テルピネオールを主成分とする精油約0.2%や、配糖体のヘスペリジン、フラボノイドのノビレチンなどが含まれています。また果肉にはクエン酸を主とする有機酸を1~3%含有するほか、ビタミンCやカロテンも豊富に含まれています。

この生薬が含まれている漢方処方

  • 香蘇散 (こうそさん)
  • 平胃散 (へいいさん)
  • 二陳湯 (にちんとう)
  • 橘皮湯(きっぴとう)
  • 茯苓飲 (ぶくりょういん)
  • 橘枳姜湯(きつききょうとう)

など

その他の生薬をチェック