タケダの生薬・漢方薬事典

生薬図鑑

タケダの漢方製剤や生薬製剤で使用している生薬一覧です。生薬の基源や効能、それぞれの生薬にまつわるこぼれ話などを詳しくご案内しています。個々の生薬について知りたいときなどにぜひご活用ください。

かつての梅雨時期の必須アイテム

蒼朮ソウジュツ

キク科ホソバオケラの根茎を乾燥したもの。

植物の特徴

高さ30~60cmの多年草です。葉は細長く先が尖り、秋に白色の花をつけます。
生薬には、乾燥した根茎を用います。

生育地

中国、日本などに生息しています。

この生薬の特性

五気(薬性)

おん

五味

かん

しん

水分代謝を盛んにして、
健胃整腸、利尿、発汗作用を持ちます。

効能

健胃整腸、利尿、発汗などに効果があります。

こんな症状に

A

  • 腎機能の減退

B

  • 慢性胃カタル(慢性胃炎)
  • 胃腸炎
  • 胃下垂症

C

  • 下痢
  • 小便不利

D

  • 四肢冷痛

全身

  • 身体疼痛
  • 妊娠浮腫
  • 貧血症

成分組成

精油3.5~5.6%を含有しています。その主成分は、ヒネソールやアトラクチロール、アトラクチロジン、アトラクチロンなどです。

この生薬が含まれている漢方処方

  • 連珠飲(れんじゅいん)
  • 平胃散(へいいさん)
  • 枳朮湯(きじゅつとう)
  • 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
  • 人参湯(にんじんとう)
  • 越卑加朮湯(えつびかじゅつとう)
  • 五苓散(ごれいさん)
  • 四君子湯(しくんしとう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)

など

その他の生薬をチェック