• 症状別対策BOOK
  • 疲れの原因・解消法
  • ビタミン・ミネラル事典
  • タケダの生薬・漢方薬事典
  • 身近な薬の活用ガイド

ケイヒ(桂皮)クスノキ科トンキンニッケイやその他同属植物の樹皮を乾燥したもの。

植物の特徴
トンキンニッケイは高さ12~17mに達する常緑高木です。樹皮は灰褐色で、若い枝は丸くなく角張っています。葉の大きさは8~17cmで、黄緑色の小花を多数つけ、約1cmほどの暗紫色した楕円形の果実をつけます。生薬としては、クスノキ科トンキンニッケイやその他同属植物の樹皮を乾燥したものを用います。
生育地
トンキンニッケイ:中国南部(浙江、福建、広東、広西省)やベトナム北部に分布しています。
ジャワニッケイ:インドネシアに自生し、中国南部からマレーシア地方に分布しています。
セイロンニッケイ:スリランカやセーシェル諸島を中心に熱帯地域で栽培されています。

この生薬の特性

  • 五気(薬性)…
  • 五味…

停滞しているものを動かし、発散させる作用をもちます。
古くから中国では薬物の王として扱われています。

効能

芳香性健胃、発汗、解熱、鎮痛、整腸、駆風(くふう)、収斂(しゅうれん)などに効果があります。

こんな症状に

成分組成
精油1~2%含有。その他の成分として、桂アルデヒド、オイゲノール、サフロール、フェランドレン、リナロールなどが含まれています。
この生薬が含まれている漢方処方
  • 安中散(あんちゅうさん)
  • 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
  • 桂枝湯(けいしとう)
  • 桂枝人参湯(けいしにんじんとう)
  • 桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)
  • 連珠飲(れんじゅいん)
  • 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
  • 桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 五苓散(ごれいさん)

など

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る