• 症状別対策BOOK
  • 疲れの原因・解消法
  • ビタミン・ミネラル事典
  • タケダの生薬・漢方薬事典
  • 身近な薬の活用ガイド

ボレイ(牡蠣)イタボガキ科のオウミガキ、イタボガキ、コケゴロモ、マガキ、イワガキ、オハグロガキ、ケガキ、カキツバタガキなどの左殻

基源
現在、市販されているものの多くがマガキです。殻の形が多種あり、小型の固体をシカメ、細長くて大きく成長したものをナガガキやエゾガキ、丸く平たい殻のものをカキと呼びます。生薬としては、イタボガキ科のオウミガキ、イタボガキ、コケゴロモ、マガキ、イワガキ、オハグロガキ、ケガキ、カキツバタガキなどの左殻のみを用います。生薬としては、貝殻を焼成してから粉砕し、粉にして使います。
生育地
日本では広島県が主な生産地です。中国では江蘇・浙江・福建・広東・河北・山東・遼寧省などで生産されています。

この生薬の特性

  • 五気(薬性)…
  • 五味…

炎症や熱を鎮め、穏やかな瀉下作用をもちます。

効能

鎮静、制酸(せいさん)、収斂(しゅうれん)、利尿、止渇(しかつ)、止汗などに効果があります。

こんな症状に

成分組成
炭酸カルシウムが成分の80~95%を占める。その他の成分としてはリン酸カルシウム、酸化第二鉄、珪酸塩などが含まれています。
この生薬が含まれている漢方処方
  • 安中散(あんちゅうさん)
  • 牡蠣沢瀉散(ぼれいたくしゃさん)
  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 牡蠣湯(ぼれいとう)
  • 桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
  • 牡蠣散(ぼれいさん) 
  • 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

など

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る