• 症状別対策BOOK
  • 疲れの原因・解消法
  • ビタミン・ミネラル事典
  • 生薬・漢方薬事典
  • 身近な薬の活用ガイド

胃痛の対処法

胃腸薬との付き合い方、胃痛の中でも特に注意が必要な症状など、胃痛の対処法をご紹介します。

胃腸薬との付き合い方

私たちが薬局・薬店で購入できる一般用医薬品では、胃と腸の薬をひとまとめにして「胃腸薬」といいますが、胃は酸性、腸はアルカリ性と性質が全く異なります。ですから、一般に市販の胃腸薬には、酸性の場所で働く成分とアルカリ性の場所で働く成分を混ぜてあるのです。

本当ならば胃の薬と腸の薬とは別物のはずなのになぜこうしているかというと、お腹の具合が悪いときに、その原因が胃なのか腸なのかという区別が消費者自身でできないことが多いからです。つまり、「腹具合が悪いとき」は、原因が胃か腸にあることがほとんどなので、胃腸薬をすすめるということなのです。大切なのは、自分がなぜ腹具合が悪いのか、その原因が何であるかをよく考えて薬を選ぶということです。

「H2ブロッカー」という胃の薬があります。10数年前から医師が処方する医療用医薬品を市販薬にスイッチ<転用>して発売されている、薬剤師がいないと購入できない第1類医薬品です。

胃酸の分泌を遮断(ブロック)する従来とは異った作用をもつ薬で、このH2ブロッカーは胃酸が関係する症状に効く薬のため、腸には効きません。ですから今後は、胃腸薬を選ぶ場合、患者さんは胃が悪いのか腸が悪いのかを判断して薬を使い分けると良いでしょう。

注意が必要な胃痛の症状

「激しい痛みが続く」「症状が長く続く」「吐き気が繰り返される」「便に血が混じる」「便が黒くなる」などの症状があるときには、単なる胃腸のトラブルだけでなくもっと重い病気や他の病気が関係していることも考えられるので、病院・医院に行って検査をした方が良いでしょう。

お母さんが子供の腹痛を見るときには必ず便が出ているか、出ていないかということに注意してください。便通がない場合は、浣腸をしてあげると、たいてい痛みは取れます(ただお腹が強く張っているときや、右下腹部が強く痛むときは、腸が詰まったり虫垂炎のことがあるので、浣腸せずにお医者さんに行ってください)。それでも痛みが続いたり、サッパリ元気がない、さらに何回も吐く、また、嘔吐をともなう下痢などの場合は早めにお医者さんに連れていきましょう。

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る