• 症状別対策BOOK
  • 疲れの原因・解消法
  • ビタミン・ミネラル事典
  • 生薬・漢方薬事典
  • 身近な薬の活用ガイド

新型インフルエンザの予防法

「かからない、うつさない」ためにワクチン接種や生活習慣による予防対策をはじめましょう。重症化のおそれがある人はとくに注意して予防に努めましょう。

インフルエンザワクチンによる予防

新型インフルエンザは季節性インフルエンザと同じかそれ以上の感染力を持つと言われています。ワクチンの接種や普段の生活習慣で感染や発症の予防対策を行いましょう。

新型インフルエンザワクチンの効果と接種方法

ワクチン接種後は2週~5ヶ月程度、感染しても発症を抑制したり症状が重くなるのを防ぐことに役立ちます。ただ、全ての人に効果が期待できるわけではありません。接種後も手洗いやうがいなどの基本的な予防は忘れないようにしましょう。

【対象者】
ワクチンは、発熱がある人などを除き、全ての人が接種可能です。
優先的な接種対象者から各都道府県が設定した時期より順次受けられます。
【接種場所】
接種を受けることができる医療機関の名称などは各市町村によって異なります。
詳しくは各市町村のホームページでご確認ください。
【ワクチン接種による副反応】
ワクチン接種によって、接種した部分が赤く腫れたり痛みを感じたりすることがあるほか、発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などの症状があらわれることがあります。
また、まれにワクチンに対するアレルギー反応として、発疹、じんましんやかゆみなどを生じることがあります。

新型インフルエンザワクチンの優先接種対象者

新型インフルエンザの予防接種は、新型インフルエンザに感染することによって死亡したり、重症化したりする事態をできる限り減らすために行われています。
特に新型インフルエンザは基礎疾患として慢性の呼吸器疾患や心疾患など持病のある人が重症化しやすいという特徴があります。そのためこのような重症化しやすい基礎疾患を持つ人などを優先するとともに、診療の現場に混乱が起こらないよう、これらの人々の治療にあたる医師や看護師、薬剤師、検査技師などの医療従事者を優先しています。

【優先接種の対象者】
(1) インフルエンザの患者さんの診療に直接従事する医療従事者(救急隊員を含む)
(2) 妊娠している人、および基礎疾患のある人
(主な基礎疾患は、喘息などの慢性呼吸器疾患、弁膜症や心筋症などの慢性心疾患、糖尿病、腎臓の機能に障害のある人など)
(3) 1歳~小学校3年生に相当する年齢の人
(4) ・1歳未満の赤ちゃんの保護者
・優先接種対象者のうち、予防接種が受けられない人の保護者など
【その他の対象者】
・小学校4~6年生、中学生、高校生に相当する年齢の人
・高齢者(65歳以上)の人

※現在は、上記以外の方々についても接種対象者としています。
※新型インフルエンザウイルスの予防接種は、接種の判断を行うのに注意が必要な人もいます。予防接種を受ける際には事前に確認をしておきしょう。
その他、新型インフルエンザに関する詳しい最新情報は、厚生労働省ホームページにてご確認ください。

日常生活でできる予防法

外出するときは、人ごみや繁華街をなるべく避ける

インフルエンザが流行しているときは、お年寄り、慢性疾患を抱えている人や睡眠不足などで疲れ気味の人は、人ごみや繁華街への外出を控えたほうがよいでしょう。もし、どうしても外出が避けられない場合には不織布(ふしょくふ)製※マスクを着用して出かけるようにしましょう。

帰宅したら、必ず手洗いやうがいをする

手は知らないうちにウイルスを運んでいます。手洗いはこまめに、石鹸と15秒以上の流水で指や爪の間まで丁寧に洗いましょう。また帰宅後には必ずうがいも行い、のどの粘膜に付着したウイルスを洗い流しましょう。

家で過ごすときは、加湿器などで適度な湿度を保つ

空気が乾燥するとのどや鼻の粘膜の防御機能が低下するため、インフルエンザにかかりやすくなります。室内では加湿器などを使って、適度な湿度を保つようにしましょう。また空気中にウイルスを浮遊させないよう、1時間に1度は換気を行うとよいでしょう。

十分な休養とバランスのよい食事で体力をキープする

感染後の発症を予防したり重症化を防ぐためには、日ごろからバランスのよい食事と十分な休養をとり、体力や抵抗力を高めておくことも大切です。

≪咳エチケット≫

インフルエンザにかかって咳などの症状がある人は、周囲へうつさないために不織布(ふしょくふ)製マスク※を必ず着用するようにしましょう。

●咳やくしゃみをするときは…
咳やくしゃみのしぶきは約2メートル飛ぶと言われています。
咳やくしゃみをするときは周囲の人からなるべく離れ、
ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて行いましょう。
●咳やくしゃみをした後は…
使ったティッシュをすぐにごみ箱へ捨てましょう。
また、口や鼻を覆った手はすぐに石鹸で洗いましょう。
●咳やくしゃみが出ている間は…
必ずマスクを着用してください。
使用後のマスクは放置せずに、ごみ箱に捨てましょう。
※不織布(ふしょくふ)製マスクとは…
不織布は織っていない布という意味です。
繊維あるいは糸などを織ったりせず、
熱や化学的な作用によって接着させた布によって作られたものが不織布製マスクです。

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る