• 症状別対策BOOK
  • 疲れの原因・解消法
  • ビタミン・ミネラル事典
  • 生薬・漢方薬事典
  • 身近な薬の活用ガイド

肌のトラブルQ&A

肌のトラブルに関する気になる疑問にお答えします。

Q.紫外線は、真夏が一番多い?

A.

実は、そうではありません。1年のうちで、日焼けの原因となる紫外線・UV-Bの量が最も多いのは、晩春から初夏にかけての4~6月です。そのためこの時期は、過剰なメラニンを抑えるビタミンCの出番が、とくに増えるといえるでしょう。秋・冬に向けてUV-Bの量は徐々に少なくなっていきますが、1年を通じて完全になくなるということはありません。

また、真皮にまで影響を及ぼし、老化じわの原因となる紫外線・UV-Aは、季節による変化がほとんどなく、曇った冬の日でも、夏場とほぼ同じ量の照射があることがわかっています。

Q.室内にいれば、紫外線は気にしなくても大丈夫?

A.
カーテンを閉めていれば別ですが、窓だけならば、老化じわの原因となる紫外線・UV-Aが、ほとんどさえぎられずに入ってきます。室内にいるからといって、油断は禁物。とくにクルマに乗っているときは、注意してください。

Q.生理の前に肌が荒れるのは、なぜ?

A.
生理の一週間ほど前になると、黄体(おうたい)ホルモンの分泌が盛んになり、皮脂の量が多くなります。生理前ににきび・吹き出ものができ易くなるのはそのためです。

Q.夏と冬のスキンケア、同じで良いの?

A.
湿度の高い夏と乾燥した冬とでは、当然、お手入れのしかたも変わってきます。皮脂が多くなる夏場は、化粧水はさっぱり系に、逆に乾燥しがちな冬場は、しっとり系の乳液やクリームというように、モイスチャー用品をうまく使いわけましょう。

Q.日焼けして、肌がすぐ黒くなる人と赤くなる人、なにが違うの?

A.
メラニンは、紫外線から肌を守る働きをしています。すぐに黒くなる人は、生まれつきメラニンをつくる力が強い、つまり紫外線に対する抵抗力が強い人です。
逆にメラニンをつくる力が弱い人は、紫外線に対する抵抗力も弱く、そのため、すぐに肌が炎症をおこして赤くなってしまうのです。

Q.パソコンや蛍光灯で、肌がやけるってホント?

A.
パソコンなどの液晶画面や蛍光灯の光も、太陽光線ほどではないにしてもUV-Aの波長を発しています。長時間浴びていると、この波長から肌を守ろうとしてメラニンがつくり出されて、肌がくすみ、日焼けに似た症状が起こります。
ビタミンCの入ったホワイトニング化粧品などでケアすると良いでしょう。

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る