タケダ健康サイトホーム > お楽しみコンテンツ > ニッポン健康大調査 > 「ニッポンの国民病?! 肩こりに迫る!」

ニッポン健康大調査

特集「ニッポンの国民病?!肩こりに迫る!」原因はあなた自身にアリ?!生活習慣の見直しがポイント

健康調査報告 突撃!健康調査隊 編集後記

健康調査報告

日頃の行いは肩に現れる!ニッポン人が抱えるイマドキの肩こり事情とは

老若男女を悩ます肩こりは、もはやニッポンの国民病…!?

「母さん お肩をたたきましょう~♪」と、誰もが一度は耳にしたことのある童謡「肩たたき」。この記事をご覧の方の中でも、両親や祖父母の肩を叩いたことのある人は少なくないだろう。

そんな、ニッポン人にとって最も身近な症状といえるのが「肩こり」。厚生労働省による平成22年国民生活基礎調査によると、女性が感じる自覚症状の第1位が肩こりなのだそうだ。(※男性は2位が肩こり)

2012年1月と2月に行った肩こりに関するアンケートでも、肩こりの症状が気になるという方は約9割という高い結果に。中には「頭痛がするレベル」といった、ひどく肩こりに悩まされているという回答もあった。

「職場環境」? 「ストレス」??肩こりになる原因とは・・・

またアンケートによると、肩こりの原因として最も回答が多かったのが「パソコンなどの職場環境」(約4割)。

特にデスクワークが中心の職場となると、パソコンのモニター位置によっては猫背などの不良姿勢になったり、同じ姿勢が続くことによる筋肉の緊張も肩こりの原因となる。また、肉体への負担に加え精神にもストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発になり、これも肩こりの原因となってしまう。

さらに、最近ではスマートフォンやタブレット端末、携帯ゲーム機の普及も"イマドキ肩こり"の一因といえよう。

朝の通勤・通学時にはじまり、自宅ではリビング、さらには入浴中、そして寝る直前に至るまで。長時間にわたる目の酷使と、下向き姿勢による首の筋肉の緊張から、肩こりになってしまうこともある。

アンケートでは20代で肩こりを訴える声も散見され、もはや肩こりは年配者だけの悩みではないようだ。

花粉症未経験の方は、まず症状を知ることが大切。寒い時期だからと、花粉症の兆候をただの風邪と勘違いしないように・・・

アクテージ体操 首こりを改善、予防したい方に。今すぐできるアクテージ体操をご紹介。

体内の異常を知らせる肩こりにも要注意! 予防・改善は生活習慣の見直しから。

一見、肩こりは単純な「肩の痛み」として気を取られがちだが、実は"重要な病気の兆候"である可能性もあるのだ。
中でも注意すべきは、「狭心症」や「心筋梗塞」といった心臓の疾患から生じる肩こり。動脈硬化によって心臓をとり囲む血管が詰まると、血液の流れが悪くなったり途絶えたりするなどして、左肩に痛みが広がるという。これら疾患が心配な場合は、早めに医師の診察を受けるようにしていただきたい。

さて、そんな様々な原因からなる肩こりだが、アンケートで対処法を伺ったところ、最も多かったのが「マッサージや整体に通う」(40%)。次いで「運動」(33%)、少数では入浴法を見直して対処するといった回答もあった。

適度なマッサージや運動、効果的な入浴は、筋肉の緊張をほぐしたり血行を促進することにつながるので、有効な対処法といえる。直近の痛みへの対処には市販の薬も効果的であろう。

前述のように肩こりは普段の生活に起因するものがほとんど。まずは日頃の生活環境や行動、習慣、クセなどを改めて見直し、肩こりの予防・改善に努めていただきたい。

(アンケート:2012年1月~2012年2月 武田薬品工業調べ)

こりやストレスを溜める前に、適度な休憩を取り、意識的にストレッチをするクセを。小さな習慣の積み重ねが肩こりを軽減してくれる。

突撃!健康調査隊

街ゆくみなさんに聞きました!「肩こりの症状、気になりますか?」

肩こりについて、症状の度合いや、その対処法など、街頭にて街ゆくみんなを突撃取材。
肩こりのお悩みと闘うみんなの声から、今まで知らなかった対処法が発見できるかもしれない?
(撮影:2012年3月)

編集後記

肩こりで悩む人が大多数。あなたに合った対処法は?

街頭インタビューでは、年代・性別を問わず肩こりを気にしている方が多く、その原因としては「パソコン」、「育児」、「運動不足」とさまざま。若い世代からは、「テスト勉強」や「就職活動の履歴書作成」などで肩こりになったという声も寄せられた。

対処方法として最も多かったのが、「マッサージや整体などに通う」という回答。なお肩こりの場合、特に運動やストレッチなどの方法を誤ると、逆に症状の悪化を招くことも・・。症状の程度に合わせて、効果的な対処方法を取り入れていただきたい。
インタビュー結果のように、ビタミン剤などで、身体の中から改善を図るのも一つの手かもしれない。

(調査報告:2012年3月)

  • 肩こりの原因・対処法について、もっと詳しく 症状・疾患ナビ「肩こり」
  • 肩こりに関する気になる疑問にお答えします 疲れの原因・解消法「肩こりQ&A」

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

このページの先頭へ