ニッポン健康大調査

特集「あなどれない!肌トラブル」その肌トラブル、ココロとカラダの危険信号かも。

健康調査報告 突撃!健康調査隊 編集後記

健康調査報告

単なる見た目のトラブルじゃない!?肌トラブルは、カラダの不調を見直すサイン。

実は体調がいちばん表れる場所。女性だけでなく、男性も気にする必要アリ。

にきびなどの吹き出物、しみ、そばかすに乾燥…。鏡を見るたびに憂鬱になる肌トラブル。 年齢を重ねれば誰でも一度は、肌の悩みを経験しているのではないだろうか。

2011年8月に実施した「肌」のアンケートでは、“シミ・ソバカス”や、若い世代の象徴と言われていた“ニキビ・吹き出物”を気にする人が多めであることがわかった。

なぜ、肌トラブルはなかなか完全に回復せず、治ったと思ってもちょっとした隙に表れてしまうのだろう。

肌トラブルを自覚する2大原因は“ココロとカラダのトラブル”

肌トラブルを感じたことがある人の約6割が感じている原因はずばり、“ストレス”と“疲れ”。 さらに3割近くの人が“睡眠不足”と回答したことからも、肌あれの主な原因は、「ココロとカラダのトラブル」が大きく関わっていると推測できる。

ストレスや睡眠不足は、毎日の生活の中で多かれ少なかれ感じてしまうもの。肌色がくすんでいたり、シミが増えたように感じるなど、肌あれがなかなか改善しないのは、それだけ、毎日の体調の変化を敏感に表しているのかもしれない。

また、肌あれで注意したいのが、胃腸や肝臓、腎臓など、内側からの危険サイン。

カラダの不調とともに「顔色が悪くなる」ように、肌あれは、単なる見た目のトラブルでは済まないこともあるから気をつけたい。

肌のトラブルは、女性だけでなく生活が不規則になりがちな男性にとってもチェックしてほしい症状。体調の変化を示すサインとして、毎朝自分の顔色を見る習慣をクセにしたい。

ハイシー ほおっておけない肌あれに。「肌トラブルの話」

改善しない肌あれは、スキンケアに加え、内側からの体調ケアを見直して。

肌あれの対処法についてのアンケートで一番回答が多かったのが、「スキンケア商品」。約半数の人が、基礎化粧品の見直しで肌あれ対策をしていることがわかった。

もちろん、肌を清潔に保ったり、自分の肌に合うスキンケア商品を使うことも効果的だが、肌あれが気になる時はぜひ、生活習慣や食事など、カラダの内側から働きかける改善策も取り入れてほしい。

例えば、ビタミン豊富な緑黄色野菜をたっぷりとったり、入浴はシャワーですませず、しっかり湯船につかって代謝を上げる、軽い運動でストレスを発散する…など。

また、朝起きて顔を洗う時、自分の肌の調子や顔色をチェックするクセをつけるのもおすすめ。

肌がキレイだと、気持ちも上向きになるもの。自分のカラダに向き合うきっかけとして、こまめにケアしたい。

(アンケート:2011年8月 武田薬品工業調べ)

肌の調子は体調のバロメーター。改善しない肌あれは、医師へ相談するなどの対処も考えて。

突撃!健康調査隊

街ゆくみなさんに聞きました!「あなたが気になる肌トラブルは?」

肌のトラブルについて、症状の度合いや、その対処法など、街頭にて街ゆくみんなを突撃取材。
肌のお悩みと闘うみんなの声から、今まで知らなかった対処法が発見できるかもしれない?

(撮影:2011年9月)

編集後記

意外にみんな自覚している!?「ストレスによる肌あれ」

街頭インタビューの回答で多かった肌トラブルは「ニキビ・吹き出物」と「乾燥肌」。一見相反するように見える2つの症状、実は背中合わせということをご存知だろうか。
肌の乾燥は、皮膚の水分バランスが崩れてしまうことが一番の原因。水分を失った肌は皮脂の分泌が過剰な状態になり、ニキビや吹き出物といったトラブルにつながってしまうことも。

また、肌トラブルを感じる人の多くは、その原因がストレスにあると自覚していることにも注目したい。紫外線や冷房といった外的な要因だけでなく、日常の生活習慣や食生活を見直すことが、ココロも肌も健やかに保つ秘訣なのかもしれない。

(調査報告:2011年10月)

  • 肌あれの原因・対処法について、もっと詳しく 症状疾患ナビ「肌あれ」
  • 肌に関する、気になる疑問にお答えします 症状別対策BOOK「肌のトラブルQ&A」

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

このページの先頭へ