ニッポン健康大調査

特集「さあ、今こそ疲れを撃退!」あなたは上手に疲れを解消できていますか?

健康調査報告 突撃!健康調査隊 編集後記 今月のアンケート

健康調査報告

「疲れ」は体の黄色信号? 毎日の過ごし方を見直して、健康な毎日を!

あなたの「疲れ」の症状は?その原因と対処法をアンケート

「疲れ」とは、「体に無理がかかっていますよ」と知らせる警告サイン。
仕事に家事に、忙しく過ごす現代人のあなたは、「疲れ」が溜まってはいないだろうか?
一言に「疲れ」といっても、症状や原因は人それぞれ。

そこで2011年2月に「疲れ」の症状をアンケート調査したところ、1位は「体がだるい」(40%)、2位は「肩・腰がつらい」(36%)、3位は「疲れ目」(10%)、4位が「その他」(10%)だった。

日本人は働き過ぎなのか?「疲れ」の原因1位は「職場」

多くの人が感じている「体がだるい」という症状。不規則な生活による寝不足をはじめ、現代の日本人は、気づかないうちに「疲れ」を溜めやすい毎日をおくっているのかもしれない。

また、同アンケートで「疲れ」の原因・シーンを聞いたところ、最も多かった回答が「職場」だった。残業や長時間のデスクワーク、立ち仕事など、「疲れ」を溜め込んでしまいそうな要因が想像できる。また、人間関係からストレスを感じ、「疲れ」を感じてしまう人も少なくないだろう。

「職場」は、ほとんどの人が1日の多くの時間を過ごす場所。働き過ぎは禁物なうえ、工夫して「疲れ」を溜めない過ごし方を見つけたい。

「疲れ」の原因1位は「職場」。1日の多くを過ごす場所だから、「疲れ」を溜めすぎないよう注意したい。

アリナミン あなたは疲れてますか?疲れを知って、きちんと対策しましょう。「元気にすごそう。疲れの研究室」

毎日溜まってしまう「疲れ」だから、毎日解消できる習慣を身につけたい

多くの現代人が抱えている体の「疲れ」。毎日、蓄積するものだからといって諦めてはいないだろうか。

同アンケートで「あなたの疲れの対処法は?」を聞いたところ、1位は「対処したいができていない」、2位は「市販薬」。この結果から、ビタミン剤や栄養ドリンクで「疲れ」対策をしている人も推測できるが、実際のところ「疲れ」の対処を上手くできていない人が多いようだ。
毎日溜まってしまう「疲れ」ならば、毎日リセットできる生活習慣を身につけたいものだ。例えば食生活。ビタミンやミネラルなど、栄養素のバランスを考慮したメニューを心がけたり、頑張った自分へのご褒美として、好きなものを食べるなど、食事ひとつでも、心身ともにリフレッシュできるだろう。

特に、疲れが溜まったと感じた時などには、医薬品のビタミン剤を活用して、ビタミンB1を摂取するのもよいだろう。
また、半身浴や足湯で体の芯から温めることで、リラックス効果も期待できる。
このように、日常生活のちょっとした工夫で、職場で溜めた疲れを、その日のうちに解消してしまうのも、ひとつの手かもしれない。

(アンケート:2011年2月 武田薬品工業調べ)

半身浴や足湯も試してみたい。ただし、長湯による“湯疲れ”には要注意。

突撃!健康調査隊

街ゆくみなさんに聞きました!「あなたの疲れの症状は?」

疲れの原因や、その対処法など、街頭にて街ゆくみんなを突撃取材。
仕事をはじめ、何かと忙しい現代人。疲れとどう向き合い、解消しているのでしょうか。みんなの声を覗いてみましょう!

(撮影:2011年2月)

編集後記

長時間のパソコン作業に要注意。

毎日忙しく過ごす現代の日本人。「疲れ」に関するウェブサイトアンケートと街頭インタビューでは、「体がだるい」と「疲れ目」で結果が分かれた。
特に街頭インタビューで目立ったのが、デスクワークによる仕事疲れ。体がだるくなったり、肩・腰が痛くなったりと、症状は人それぞれだが、「目の疲れ」を感じている人が多く、長時間のパソコン作業が主な原因のようだ。
インターネットの多様なサービスをはじめ、長時間の使用により目を酷使してしまうのだろう。
ただし、街ゆく人の中にはカイロ型のアイマスクで目を温めたり、風呂にゆっくりとつかるなど、「疲れ目」対策をしている人も少なくなかった。
仕事や家事と、「疲れ」は毎日溜まってしまうもの。いつでも手軽に利用できるコンビニエンスストアで、栄養ドリンクを購入するといった声も多かった。

(調査報告:2011年3月)

  • 疲れの原因・対処法について、もっと詳しく 症状・疾患ナビ「疲れ(疲労)」
  • 疲れから回復するためのヒントをご紹介 「疲れの原因・解消法」

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

このページの先頭へ