ニッポン健康大調査

特集「ストレス大国ニッポン。」今、日本人がストレスと上手に向き合う方法とは?

健康調査報告 突撃!健康調査隊 編集後記

健康調査報告

日本人は“フクロウ”? 意外なストレス対処タイプ傾向

ストレスに関する調査を実施。みんなのストレス対処傾向を推測

武田薬品工業が運営するウェブサイト「ストレージ」のコンテンツ「ストレス対処タイプ・チェック」によると、日本人は、ストレスに直面したとき、8つの動物に例えた対処タイプに分かれるという。
今回の調査の結果、最も多いストレスの対処タイプは、“フクロウ”であった。

「森の賢者」とも称されるフクロウだが、一体ストレス対処の傾向とは、どのようなものなのであろう。

ストレスと上手に付き合う日本人の意外なストレス対処傾向

今回の調査で明らかになった、ストレス対処タイプに最も多いとされる“フクロウ”タイプ。このタイプの特徴は、「困難な課題に直面したときも冷静沈着に考えられる」である。

続いて第2位は“シロクマ”タイプ(2010年11月26日現在)。苦しいこと、つらいことに出会っても、強い意志で取り組んで行くのが特徴だ。逆境の中にいても、自分の行き方に意味を見出し、果敢に生きることのできるタイプである。

これら上位の結果を見ると、今回の調査に参加してくれた方々は、意外にもストレスに翻弄されずに、冷静な対応で前向きな行動をとれていると言えるかもしれない?

ストレス対処タイプ・チェック企画構成:ウェルリンク株式会社

あなたは、どのタイプ?ストレスの対処タイプを診断してみよう。 ストレージ「ストレス対処タイプ・チェック」

目指せストレスフリー!毎日できるストレス解消法のコツ

ストレス社会に生きているのだから、ある程度のストレスは仕方がない。そう、あきらめている方はいないだろうか?
ストレスは、趣味を楽しんだり、リラックスする時間を設けるなど、日常生活での工夫次第で上手につき合うことが可能である。
例えば、移動時間に好きな音楽を聴く、ヨガで体をほぐす、バスタイムに入浴剤を入れてみる、または、お香やアロマオイルを焚くなど、どんなに忙しくても、リラックス効果の期待できるシーンをつくりだせるのではないだろうか。

普段から忙しい方ほど簡単に、身近にできる自分だけのリラックス法をみつけて、ストレスフリーで健康な毎日を手に入れてみてはいかがだろうか?

(ストレスタイプ調査:2010年11月 武田薬品工業調べ)

突撃!健康調査隊

街ゆくみなさんに聞きました!あなたはストレスを抱えていますか?

はたして、日本人はストレスと上手につきあえているのだろうか?
「ニッポン健康大調査」の編集部員は、街ゆくみなさまに、ストレスに関する街角インタビューを決行した。街ゆくみなさまの抱えるストレスの度合い、また、そのストレスの原因、解消法を聞いてみた。

(撮影:2010年11月)

編集後記

「ストレスと上手につきあう」という価値転換

ストレス社会に生きる現代の日本人。今回のウェブサイトアンケートでは、意外にも冷静な判断でストレスを対処できている人が多い結果となった。
また、街頭インタビューにてみなさまの生の声を聞いてみると、ペットで癒しを求めたり、アクティブに体を動かすことで上手にストレスを解消しているようだった。
ただし、ほとんどの方が何かしらのストレスを感じているのは事実。自分だけのストレス解消法を生活に取り入れ、上手にストレスとつきあうことがストレスフリーで健康な毎日をおくる秘訣なのかもしれない。

(調査報告:2010年11月)

  • ストレスの原因・対処法について、もっと詳しく

今、気をつけたい症状に関する情報や、最新のコンテンツをご紹介します。

  • 疲れの原因・解消法「疲れとは?」
  • 腰痛
  • 肌のトラブル
  • 風邪・インフルエンザ

このページの先頭へ

武田薬品工業株式会社

© 2003 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

このページの先頭へ